ここから本文です

「圧倒的に勝つ」アイスホッケー女子日本代表その5

4/7(金) 11:00配信

Japan In-depth

■勝者が、五輪へ

ドイツには前回のソチ五輪で、2回負けていた。
グループリーグ、その後の順位決定戦でも。ドイツの選手は、とにかく大きい。壁のように立ちはだかる。平均身長でも10センチ以上上回られている。その宿敵に何としても今回は勝たなければならなかった。

2月上旬、北海道・苫小牧の白鳥王子アイスアリーナで行われた平昌冬季五輪最終予選、最終戦日本VSドイツには、立ち見客も出る3,200人の観衆が集まった。
男子のアジアリーグのプレイオフでも、ここまで人が集まることは、なかなかない。

先制点が欲しい。

0-0で迎えた第2ピリオド開始7分、きっかけを作ったのは、ベテランFW・足立友里恵だった。156センチ51キロの小さな身体で敵陣にパックを持って切り込んだ。ゴール裏から、DF堀珠花らに繋ぎ、最後はFW藤本もえこが決めた。

「ゴール前に、一人いたので、出しました。絶対決めてくれと。もえこだとは気が付きませんでしたが」(足立)

「たまたま、最後にパックにさわったのが私だっただけで、皆が繋いで決めさせてくれた」(藤本)

これで、勢いに乗った日本は、3分後、チーム最年長小野粧子が決める。その後に、ドイツに入れられ、しばらく苦しい1-2の時間帯が続いた。第3ピリオドに入って絶対エースFW久保英恵が、貴重な追加点を叩き出し、ゲームを決した。リンク内は、氷が溶けそうなほどの興奮のるつぼと化した。


久保は、全3試合でゴールを決め、5得点。1アシストも。決めるべき人が決めれば、必ず勝つ。

この試合は、守りも素晴らしく相手に打たれたシュートは15本以内という、監督・山中武司が“圧倒的”と定義する要件の、大きな1つは満たす事となった。

「いい試合だった。ありがとう」

山中は、試合後のロッカールームで選手たちを前に、こう述べた。

■その先へ!3足のワラジ、女性として選手として

ドイツ戦でも活躍したチャーミング過ぎる新妻スマイルジャパン、足立友里恵。
「いつも、こうしてプレー出来てることを後押ししてくれているのは、夫。おかげで頑張れます。最終予選前もこんな言葉で送り出してくれました」足立は照れ臭そうに話す。

「ここまで来ている選手は限られた人間。こういう勝負の場に立てるのは、本当に素晴らしいことだよ!」(夫・拓史)

2月初旬の世界最終予選に向けての最終合宿直前のことだった。

拓史自身も「結婚したからと言って、パフォーマンスが悪くなったと言われないよう、しっかりサポートしたい」と、気持ちを引き締める。

足立は、一昨年、結婚して現在はプリンスホテルでの会社員としての仕事、スマイルジャパン、西武プリンセスラビッツのアイスホッケー選手、新妻としての家事と、3足のワラジを履きこなすスーパーウーマン。

1/2ページ

最終更新:4/7(金) 11:00
Japan In-depth