ここから本文です

素敵!イギリスに『美女と野獣』のティールームが登場

4/7(金) 13:10配信

コスモポリタン

イギリスのサウス・ウェールズにあるB&Bで、『ハリー・ポッター』にちなんだティーサービスを開催中であることは先日ご紹介した通り。そしてお次のニュースはロンドンから。

『美女と野獣』のゲイキャラ登場騒動

コスモポリタン アメリカ版によると、ロンドンのとあるホテルのティールームでは現在、ディズニー映画『美女と野獣』にちなんだアフタヌーンティーメニューを提供しているそう。

イギリスで3月17日(日本では4月21日)に公開となった実写版映画『美女と野獣』にちなみ、ロンドンにある「ザ・ケンジントン・ホテル」のティールーム<Town House>は、特別メニューを考案。映画の人気シーンからアイディアを得たケーキやクッキーの他、ポット夫人やチップの食器も用意されてるんだとか!

気になるお値段は、1人35ポンド(約4900円)、グラス1杯のシャンパン付きなら45ポンド(約6300円)。メニューの一例を挙げると、バラの花びらの入ったバニラとゴールドのゼリーに、ベルと野獣の雪合戦にちなんだココナッツとチョコレートの雪玉マカロン。チョコレートガナッシュで作られたチョコレートタルトは時計型で、盤面にはかわいいコグスワースの絵が。ベルがルミエールにすすめられた“グレーのクリーム“(Town Houseバージョン)は、ホワイトチョコレートのムース。メニューがすべて書かれたリストはこちらで見られるよう。

本来は3月までの特別イベントだったこのメニュー。あまりに早く予約が埋まってしまったために、11月末まで延長することになったそうだけど、それさえもすべて一杯になってしまったというから、人気のほどが伺えるというもの! こうなったらキャンセル待ちに賭けるか、せめて写真を見て、夢のような雰囲気をお楽しみあれ。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:4/7(金) 13:10
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。