ここから本文です

【MLB】MLBに二刀流が登場!?救援投手が代打で決勝本塁打を放つ

4/7(金) 17:19配信

ベースボールチャンネル

 6日に行われた、シンシナティ・レッズ対フィラデルフィア・フィリーズの試合で決勝本塁打を打ったのは、代打で登場した救援右腕のマイケル・ロレンゼンだ。

美人すぎる女子プロ野球選手特集

 4対4の同点で迎えた6回裏2死、ロレンゼンは9番投手の打順に代打として出場する。「直球を狙って行った」とインタビューに答えたロレンゼンは、3-1からモーガンが投じた92マイル(約148キロ)の速球をフルスイング。ボールはセンター方向へぐんぐん伸びていき、スタンドイン。勝ち越しとなるソロ本塁打を記録した。

 投手の代打本塁打は、同じくレッズで2009年にミカ・オーウィングスが記録して以来のことだった。

 実はロレンゼン、大学時代はクローザーと外野手の二刀流だったのである。3年時にはクローザーとして22試合で3勝0敗19セーブ、防御率1.99を記録。外野手としては61試合で打率.335、7本塁打、54打点を打っていたのだ。
 
 前日には最速98マイル(約158キロ)の直球を投げ、ホールドを記録し、今シーズンはすでに2試合に登板している。開幕戦では99マイル(約159キロ)の直球も披露した。救援投手としてもかなりの実力である。

 ちなみにロレンゼンの本塁打はこれが3年のキャリアで2本目である。昨シーズンは救援投手として登板し、その後の打席で本塁打を放っている。

 試合後にロレンゼンは「自分が二刀流をできると言っても、誰も真に受けてくれない。でも、自分は信じているんだ」とインタビューに答え、「いつでも準備はできているから、どのような形でもいいから使って欲しい」とお願いした。

 投げては最速99マイル、打っては本塁打。大谷翔平の先にMLBを代表する二刀流投手が現れたかもしれない。

ベースボールチャンネル編集部