ここから本文です

曙VS相原勇など告白番組が増加 芸人のトーク番組失速も影響

NEWS ポストセブン 4/8(土) 7:00配信

 芸能人の知られざる過去が次々に明らかにされる告白バラエティー番組。3月下旬に放送された『今夜解禁!ザ・因縁』(TBS系)では、曙と相原優が破局騒動以来、20年ぶりに対面したことが注目を集めた。レギュラー番組では、『爆報!THEフライデー』、『結婚したら人生劇変!◯◯の妻たち』(ともにTBS系)、『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)など、このジャンルの番組はどこの局でも人気が高い。もともと特別企画として始まった『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」も、一コーナーではなく番組そのものとなっている。いったいなぜ、これほどまで告白バラエティーが増えているのか。元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア文化論)の碓井広義さんに訊いた。

 * * *
 芸能人やスポーツ選手、経営者などの有名人は、一般人よりも幸せに暮らしていると思われがちです。しかし現実にはそうではない部分もあり、人それぞれ苦労を重ねています。華やかな舞台に立つ有名人は、普段そういったことを秘密にしていますが、告白バラエティー番組はそれを明らかにすることにより、視聴者の「そうだったのか」「もっと知りたい」といった好奇心を刺激しています。

 昔から「他人の不幸は蜜の味」というように、自分よりも幸せそうな人の幸せでない部分を知る痛快さもあるでしょう。順風満帆で幸せな人生を送っている人から幸せな出来事だけを告白されても見ているほうは「ふーん」で終わってしまいます。かといって、まだいい思いをしていない無名の芸能人の苦労話を聞かされても全くおもしろくない。やはり人間の浮き沈みあるストーリーが求められていて、幸せと不幸せの落差が大きい人の話ほど視聴者のウケもよくなります。

 また告白バラエティー番組には、有名人に対する羨望や嫉妬、ひがみのような感情を解消してくれる側面もあります。今の自分の現状に不満を抱えている人が有名人の苦労話や失敗談を聞いて、「この人もうまくいかないことがあるんだな」と留飲を下げることもあれば、優越感や親近感を得ることもあるでしょう。逆に何の不満もなく充実した毎日を送っている人からすれば、この手の番組はほとんど刺激がないと思います。

1/2ページ

最終更新:4/8(土) 11:30

NEWS ポストセブン