ここから本文です

日米最難関大学に2人息子を送り込んだ母「毎朝ハグをして学校に送り出した」

4/8(土) 18:00配信

BEST TIMES

日本の子どもは「自己肯定感」が足りないと言われます。じゃあどうすれば? そのヒントを教えてくれたのが長男を東大とイェール、次男を難関国立大学医学部、とわが子をそうそうたる名門校に送り込んだ母・小成富貴子さんです。初の著書『究極の育て方』より、「ハグ」で自己肯定感を与えたエピソードを紹介します。

ハグは安心と承認を与えられる 

 私は、毎朝子どもたちにハグをして学校に送り出していました。

 思春期の頃は少し恥ずかしく感じるときもあったかもしれません。わが家でこの習慣が定着したのは留学をしてからです。 

 わが家の子どもは二人とも15歳のとき、1年間アメリカに留学しました。アメリカではハグはごく自然に友情や愛情を示す行為として定着しており、16歳で帰国したときは彼らにとって何も特別なものではなくなっていました。 

 そして、受験の合格時など子どもたちも何かうれしいことがあったときや、長く家を離れるときには、自分からハグをしてくれるようになりました。社会人や大学生になった今でもそうです。帰宅したとき、または祖父母を訪ねるときなど一人一人をしっかりハグしてくれます。

 私自身が「ハグっていいな」と感じて実践するようになったのは、20歳の頃スペインに留学していたときにさかのぼります。スペインで一番ポピュラーな挨拶は、ドスベソスといって両方のほっぺたにチュッチュッと音を出してキスの真似をするものですが(男性同士はしません)、ハグも一般的です。こういった親密な挨拶がすごく温かくていいなと思ったのです。

 私は今では家族だけでなく、友達にもハグをしています。ぎゅっとされると、ほっとしますし、ハグをした方だって温かい気持ちになることができるのです。 
 相手を丸ごと認めて、安心させることができるのがハグの魅力。小さい頃ぎゅっとしていたのに、やめてしまう方も多いようですが、ここは一踏ん張り! ぜひハグをし続けてもらえればと思います。これが自己肯定感を高める一番簡単な方法だからです。

背中をさするだけでもいい

  それでも「ハグは難しい」「すでに子どもが大きい」という方には、背中をさすることをおすすめしています。背中といっても広いですが肩甲骨の上あたりです。私はこれを「安心スポット」と呼んでいます。
 クリニックの患者さんが悩んだり、落ち込んだりしているときには、話を聞きながら、横に座ってそっと背中をさすります。患者さんにハグをするのは難しくても、背中をさすることはできます。そして背中をさすられるとすごくホッとするものです。
 安心と自己肯定感を与えられるスキンシップの重要性は、強調しても強調しすぎることはありません。

構成:黒坂真由子

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。