ここから本文です

プロスケーターが「オリンピックに否定的」な理由 宮下公園閉鎖に見るストリートの現在

4/8(土) 19:00配信

KAI-YOU.net

渋谷区にある宮下公園の閉鎖は、様々な波紋を呼んだ。閉鎖当日の「事前告知」によって追い立てられた路上生活者への対応について批判の声も挙がっている。

【日本・NYのスケートボードカルチャー】

そして、ここには有料のフットサル場やボルダリング施設、スケートパークが存在した。特に、スケートボードは、新たにオリンピック競技として選ばれ、2020年の東京オリンピックに向けて期待がかかっている種目の一つだ。

スケートパークの閉鎖に対して、スケーターの居場所を行政が一方的に奪ったとは僕は思わない。

実際に2020年の東京オリンピックに向けたリニューアル構想の中にはスケートパークのリニューアルも含まれているようで喜ばしいことだ。オリンピックをこの国で開催することの素晴らしさも、いうまでもないと思う。

今回のスケートボードパーク閉鎖の本質的な問題は、別のところにあると感じている。

前回は、宮下公園の閉鎖をプロスケーターがどう受け止めているのか話を聞いた。しかし、話はそれで終わらなかった。

取材を続ける中で見えてきたのは、宮下公園の一件そのものよりも、もともと活動していたスケーターやスケートカンパニー、つまりカルチャーそのものが置き去りにされたまま進む、ストリートシーンとオリンピックを取り巻く現状だった。

「スケーターのいないオリンピック」

スケートボードとサーフィンが新たに正式種目として採用されたことは大きな話題となった。

世界的に見ても、ストリートのシーンがビジネスとしても大きなマーケットとなり、日本にも「ストリートカルチャー」がオリンピックという巨大なフォーマットとともに競技として入ってきたことで、スケーターがメディアに取り上げられることも少しずつではあるが増えてきた。

オリンピックの影響で、パークの建設も昔と比べて確実に、積極的に進んでいる。リニューアルや新しくできる予定のパークは噂レベルのものを含めると数多くあり、地方にも海外のようなパークの設計を意識したものができている。

スケーターにとってパブリックに滑れる環境は少しずつできているといえる。

変化は否応なしに起きている。

では、スケーターたちは、スケートボードがオリンピック正式種目になったことをどう受け止めているのか。NYのスケートカンパニーの一員としても活躍するプロスケーターの藤井佑也さんは語る。

藤井「賛否両論という感じです。

パークの数やメディアの露出も少しずつ増えて、普段生活してたらスケートボードに接することがなかったような人たちでも何かしらの接点を持つし、スケートへの入り口が広がることは喜ばしいことだと思います。僕も、スケートボードもようやくここまできた、という思いがあります。

ただ、僕みたいなストリートで滑ってきた人間からすると、正直に言って、オリンピックには否定的です」

オリンピックに向けて盛り上がっているかに見えるスケートボード。だが、プロのスケーターの口から出てきた意外な言葉に驚かされた。

藤井「まず、オリンピックが日本で開催されても、国内のスケート業界は実はあまり関係ないんです。

というのは、これまで日本のスケートシーンで頑張ってきたスケーターやショップ、スケートカンパニーが、ビジネスとしてオリンピックに関与できてないんです。スケーターはボランティアという立場で、あくまでいち意見でしかない。つまり、シーンとオリンピックビジネスが一体になれてない。

僕の周りの国内有数のスケートカンパニーでも、オリンピックに絡んでいるという話は聞いたことがありません。

で、結局入ってきたのはスケートのことをよく知らないデカい広告代理店です。オリンピックでスケートが盛り上がっていると言うけど、実際は、建設業者や広告代理店、行政が勝手に動いてるだけなんです」

1/5ページ

最終更新:4/8(土) 19:22
KAI-YOU.net