ここから本文です

【浮気事件簿】「GACKT似の夫は財布」と豪語、浮気を繰り返す森ガール妻が見た奈落の底

4/8(土) 10:01配信

Suits-woman.jp

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、東京大田区田園調布豪邸に住む天沼千佳さん(仮名・38才)。彼女も本連載を見て、電話をくださいました。「私は夫がいるのですが、知りたいのは浮気相手の彼氏のこと。そんなのは、山村さんにしか話せない」と切羽詰まった様子で語っていました。

電話口で話していても、興奮しているばかりなので、その2時間後にカウンセリングルームでお会いすることに。

ゴージャスな人が来るかと思いきや、事務所にお見えになった千佳さんは、典型的な森ガールファッション。手足が細く、小柄で漫画『ハチミツとクローバー』の主人公・花本はぐみにそっくりのロングヘア。白のコットンレースのワンピースを着て、ピンク色のクラシカルなビーズのバッグを持っていました。

「夫は3代目社長で、私たちは親同士が決めて結婚したんですよね。ウチもそこそこ資産家なので、結婚と恋愛は別だと思っています。夫は不動産会社を経営していて、かなりのお金持ちですし、一生食べるには困らないから、結婚にOKしました」

しかし、旦那様は千佳さんの好みとは全く違う外見と、趣味を持っていました。

「私は、ほっそりしていてメガネの人が好きなんですけど、夫は44才なのに日サロに行って、素足に革靴を履くタイプ。昔の石田純一さんにサーファーを足したような感じなんです。体もジムで鍛えていて、お腹が割れていてキモい。私と結婚した10年前から異常に若作りにこだわり始めて、先日は植毛までしたんですよ。香水もキツいし……ちなみに夫が好きな有名人はGACKTさん、ファッションやビジュアルもマネしているようですね。私はそんなイケイケ系よりも、文化的な話をして、盛り上がれる人が好きなんですよ。映画とか、読書とか、旅行とか……私は昭和時代に活動した評論家・澁澤龍彦さんのファンで、まさに真逆」

森ガールには肉食女子が多いといいますが、まさに千佳さんはそういうタイプ。許嫁の旦那様と、28歳まで結婚しなかったのは、恋愛を楽しんでいたから。

1/2ページ

最終更新:4/8(土) 10:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。