ここから本文です

夏の注目トレンド、あなたはどれが好き?

4/8(土) 23:31配信

MEN’S+

次の着こなしキーワードを占う

 夏のファッショントレンドを、本誌『メンズクラブ』から先行公開!

になるトレンドは以下の4つ。
 
1.爽やかな色気が2割増す「夏の白」
2.カジュルなのに品よく見える「マリンカラー」  
3.大人のショーツは“きちんと”が必須
4.“きちんと楽”な薄・軽ジャケット

 以上の中から、皆さんが気になるトレンドから順にタップ(クリック)してご覧ください。※今回得た各トレンドの閲覧数は、夏号の特集内容に反映いたします。

【2017年の着こなしを占う、トレンドの数々を詳しく見る画像!】

爽やかな色気が2割増す「夏の白」

Esquire’s Big Black Bookのファッションディレクターとして、本誌『メンズクラブ』でもおなじみのニック・サリバンさん。ハードルの高そうな白ジャケットもインナーにネイビーを合わせることで色気のある爽やかさに。ネイビーも濃紺ではなく少しウオッシュされたような色みがポイントです。

カジュルなのに品よく見える「マリンカラー」

本誌『メンズクラブ』でもおなじみのファッショニスタ、アルベルト・スカッチョーニさん。青、白、赤のマリンカラーを使ったカジュアルタイドアップ。鮮やかなブルーのパンツが定番のトリコロールをこなれた印象にまとめています。構築的なブレザーではなくカーディガン風のジャケットにしたのも正解。

大人のショーツは“きちんと”が必須

ただでさえ“楽”なイメージがあるショートパンツは、着こなしのどこかに“きちんとさ”をいれることが重要。上の写真の彼も、ポップな柄のショーツに襟付きのシャツを合わせることで“きちんと楽”に。足元がスニーカーではなくレザーシューズというのも、大人な選択でグッド。

“きちんと楽”な薄・軽ジャケット

白Tシャツ×ブルーデニムだと、普通すぎてお洒落とはいえないし、その格好ではTPOも制限されてしまいます。そんなときは薄くて軽いジャケットがあればいい。紺ブレとは違い、シワも味となるジャケットなので持ち運びもノンストレス。しかも、着るだけで“きちんと”が叶います。

メンズ・プラス編集部

最終更新:4/8(土) 23:31
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!