ここから本文です

マンU、チチャリート買い戻し? 「彼なら20ゴールは余裕」とモウリーニョ

4/8(土) 14:01配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、レバークーゼンのFWハビエル・エルナンデスの獲得に興味を持っているかもしれない。同指揮官のコメントを英『インディペンデント』などが伝えている。

今冬最高額はブラジル代表MFの73億円、16/17冬の移籍金トップ10

 チチャリートの愛称で知られるJ・エルナンデスは、2015年にレバークーゼンへ移籍するまでレアル・マドリーにレンタルされていた時期を含めて5年間ユナイテッドに所属していた。決定力の高さを武器にファンの心をつかんだ同選手だが、レギュラーポジションを得ることに苦しみ、最終的には移籍している。

 それでも、モウリーニョ監督はチチャリートのような選手がユナイテッドには合うと信じており、次のように話した。

「ポール・ポグバのシュートがポストに嫌われる回数はギネス級だ。それがどうにかなればと考えてしまう。ポストに嫌われた直接FKを何本か覚えているよ。それはクオリティの問題ではなく、運の話だ。彼らは優れた選手で、クリエイティブだ。クリエイティブなことはできるが、ゴールハンターというわけではない」

「シンプルな例を挙げてみよう。我々がオールド・トラフォード(ホームスタジアム)でゲームを支配するとして、チチャリートならそこでシーズン20ゴールは余裕で達成できると思う。ラスト10分か20分の起用だろうとね」

 FWズラタン・イブラヒモビッチの移籍が噂されるユナイテッドは、後継者探しを始めているものと思われる。モウリーニョ監督は「ズラタン以上の経験を買うことはできない」と述べたが、エースの後釜候補は頭の中にあるだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)