ここから本文です

横浜FMの新“10番”齋藤学、前任者の前で2アシスト。中村俊輔に成長見せる

4/8(土) 20:59配信

フットボールチャンネル

 明治安田生命J1リーグ第6節が8日に行われ、横浜F・マリノスとジュビロ磐田が対戦した。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 横浜FMの“10番”齋藤学が、前任者・中村俊輔の前で躍動した。

 前半26分、左サイドでボールを受けた齋藤はドリブルで持ち込みクロスを上げる。そのボールにマルティノスが頭で合わせて横浜FMが先制した。

 その後同点ゴールを許したものの、後半も終盤に差し掛かった73分に再び齋藤が輝きを放った。コーナーキックの流れから低めにポジションをとっていた“10番”にボールが渡り、ペナルティエリア内でマークが甘くなっていた金井貢史に浮き球のパスを送る。

 そして金井は冷静にDFを制し、右足でGKカミンスキーが守るゴールに勝ち越し弾を突き刺した。今季から横浜FMの“10番”を受け継いだ齋藤は、磐田に移籍した前任である中村俊輔に2アシストという形で自らの成長を見せつけた。

 試合はそのままスコア動かず、2-1で横浜FMが勝利。新“10番”が、旧“10番”去りし後のトリコロールに新たな時代がやってきたことを印象づける活躍でチームを勝利に導いた。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)