ここから本文です

復活した「キングちゃん」初回は爆笑ドッキリ“千原ジュニアプロデュース王”

4/9(日) 6:00配信

ザテレビジョン

4月10日(月)よりレギュラー復活する「NEO決戦バラエティ キングちゃん」(毎週月曜夜0.12-1.00、テレビ東京系)。初回は「千原ジュニアプロデュース王」を放送する。

【写真を見る】千原ジュニアを操りながら爆笑する千鳥ら

いまだに“凶悪な芸人”として恐れられているジュニアが、新人グラビアアイドルに愛される振る舞いができるよう、番組の本番前の打ち合わせでMC千鳥とゲスト芸人たちがさまざまなアイデアを提案し、実際に本人に実行してもらう企画をオンエアする。

ドッキリ前のスタジオでは、ゲストの吉村崇、銀シャリ、ハリウッドザコシショウ、藤本敏史らがそれぞれ“愛されるジュニア”の行動を提案。

藤本はエド・はるみの「よろしくお願いしまスーハスースー」やレイザーラモンHGの「ワッショーイ」など、はやらそうとして全くはやらなかったギャグをここで成仏させたいと提案。だがジュニアは「成仏も何もこの世に生を受けてない!」と全力のツッコミ。

また、千鳥・大悟は「オチのないデレデレ嫁話をするジュニアが見たい」、ハリウッドザコシショウは「トシちゃんの物まねをするジュニアが見たい」、銀シャリ・橋本直は「“シェー”で登場するジュニアが見たい」など大喜利形式でむちゃぶりをしまくる。

ドッキリ本番では橋本が「このジュニアさんは貴重!!!」と叫ぶほどの出来栄え。果たしてどんなドッキリとなっているのか!?

記事提供社からのご案内(外部サイト)