ここから本文です

元Folder三浦大知、キッズ時代から衰えぬダンスの秘訣は“インナーマッスル”

4/10(月) 12:00配信

ザテレビジョン

4月9日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)で、元Folderの三浦大知がダンスにまつわるテクニックやコツを披露した。

【写真を見る】三浦大知“変声期”の5年間活動休止「喉を守るために」

作詞作曲、ダンスの振り付けも自分自身で手掛けている三浦。

ステージではキレのあるダンスと歌で観客を魅了している。

安田章大は、自分たちのステージ上での経験も踏まえて「(踊りながら歌うのはやっぱり)相当息が上がったりする…?」と三浦に質問。

三浦が「上がります上がります、はい」と答えると、安田はさらに「(息が上がったのをカバーするような)それもコツとかあるんですか?」と尋ねる。

激しいダンスをしながら歌い続けるために必要なのは「やっぱり体幹、インナーマッスルかなと僕は思います」と三浦。

インナーマッスルがしっかりしていると、声がぶれにくいという。

錦戸亮も「歌いながらさ、ジャンプできても着地できひんよな」と発言すると、関ジャニ∞のメンバーは全員うなずきながら同意。

ジャンプして着地した時に声が震えてしまうという悩みも、三浦は「その振動をインナーマッスルで少し緩和する」ことができると話す。

次回、4月16日(日)放送の「関ジャム 完全燃SHOW」のゲストはいしわたり淳治とクリープハイプの尾崎世界観。福山雅治の歌詞テクニックなどを挙げながら、あらゆるジャンルの“素晴らしい歌詞”を特集する。

最終更新:4/10(月) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)