ここから本文です

今年は日本ワイン140周年!「甲州今昔物語セット」でワインの歴史をひもとこう

4/10(月) 14:21配信

東京ウォーカー

日本ワインの歴史をひもとくヴィンテージセット。

メルシャン株式会社は、「シャトー・メルシャン 甲州今昔物語セット」(3670円)を150セット限定で、4月6日(木)からキリンオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」で販売している。

【写真を見る】メルシャン株式会社が公開している「悪魔メシ」のレシピムービー

2016年3月からスタートした、日本ワインを季節とともに楽しむ「マンスリー シャトー・メルシャン」の4月の企画として実施。2017年は、日本で本格的にワインがつくられはじめて140年という記念すべき節目の年となるため、4月からさらに深く日本ワインの魅力に迫る特別企画を開始する。

第一回目となる4月のテーマは、日本ワインの歴史を担ってきたといっても過言ではない日本固有のブドウ品種「甲州」にフォーカス。「シャトー・メルシャン 甲州今昔物語セット」を販売する。

同セットは、フレッシュながらうまみと厚みのある2015年ヴィンテージと、バランス良く熟成した2011年ヴィンテージの2本入り。

「シャトー・メルシャン 山梨甲州 2015(白・辛口・750ml、アルコール度数11.5%)」は、山梨県で古くから栽培されている日本固有のブドウ「甲州」を使用し、春まで貯蔵タンク中で澱と接触させ育成することで、しっかりとしたうまみと厚みのある辛口ワインに仕上がっている。和洋折衷、さまざまなメニューが登場する日本の食卓におすすめのワインとなっている。

「シャトー・メルシャン 勝沼甲州 2011(白・辛口・750ml、アルコール度数12.5%)」は、甲府盆地の中でもブドウの色づきの良い勝沼地区の甲州ブドウを使用して、春まで貯蔵タンク中で澱と接触させ育成。甲州では珍しい長期間の熟成を経た、今では貴重な2011年ヴィンテージとなっている。

いまや世界からも注目を集める“日本ワインの原点”ともいえる「甲州」から、ワインの歴史をひもといてみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:4/10(月) 14:21
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。