ここから本文です

レアル残留を望むペペ、公の場で会長に“プレッシャー“。「最後まで待っている」

4/10(月) 12:40配信

フットボールチャンネル

 今シーズン限りでレアル・マドリーを退団することになると予想されるポルトガル代表DFペペだが、本人は残留を望む意志を明確にしている。9日付のスペイン紙『アス』などが伝えた。

C.ロナは133試合で5位 チャンピオンズリーグ歴代出場ランキング 1位は…

 ペペは2007年から10シーズンにわたってマドリーでプレーを続けてきたが、現在の契約は今シーズン末まで。契約延長に向けた交渉が行われていたが合意に至らず、今季限りでマドリーを去ることが濃厚になったと報じられていた。

 現地時間の9日には、ペペはフロレンティーノ・ペレス会長やDFナチョらとともにサポータークラブの記念イベントに出席。壇上でスピーチを行った際には、ペレス会長に向けて契約延長への“プレッシャー“をかけた。

「将来がどうなるかは神様だけが知っていることだが、6月30日まではマドリーとの契約がある。そうでしょう、会長?」とペペは冗談交じりに話して会場の笑いを誘いつつ、「僕は最後の瞬間までマドリーを待つつもりだ。ここが僕の家だからね」と契約延長への希望を口にしている。

 前日の8日に行われたアトレティコ・マドリーとのダービーマッチでは、ペペは先制点を記録して1-1のドローに貢献した。だがこの試合で肋骨を骨折し、23日に行われるバルセロナとの“クラシコ“などの出場は危ぶまれている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)