ここから本文です

「オレは年寄りとして生まれて若者として死ぬ」。35歳イブラが“若返り“宣言

4/10(月) 13:14配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、年齢を重ねるごとに衰えるどころかプレーの質が高まる感覚を味わうことができているようだ。9日付の英紙『デイリー・メール』などが同選手のコメントを伝えている。

2位には元バルサの天才司令塔 チャンピオンズリーグ歴代出場ランキング 1位は…

 イブラヒモビッチは現地時間9日に行われたプレミアリーグ第32節のサンダーランド戦で、今季リーグ戦17点目となるゴールを記録。現在35歳のストライカーは、30歳の誕生日以降に記録した得点数が合計250ゴールに達した。

「年を取るほどに、より賢くプレーすることができているようだ」とイブラヒモビッチは自身のプレーについてコメント。「もちろん、10年前や5年前と同じように動けるわけじゃない。だが年を取るごとに経験を積み、より賢くなる。必要のないことに無駄なエネルギーを使わないようになれる」と語った。

「プレーを向上させることができている。さらに良くなる一方だ。自分がベンジャミン・バトンのように感じられる。年寄りで生まれて、死ぬ時には若くなるんだ」とイブラヒモビッチは、自身を映画の登場人物になぞらえている。

 ユナイテッドとの現在の契約は今季限りであり、延長オプションが行使されるかどうかはまだ不確か。米国への移籍の可能性も報じられているが、どこでプレーするとしてもイブラの伝説がまだ終わることはなさそうだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)