ここから本文です

J1 第6節ベストイレブン発表! ハットトリックの興梠慎三や2アシストの齋藤学らを選出

フットボールチャンネル 4/10(月) 13:35配信

 フットボールチャンネル編集部では、4月7日から8日にかけて行われた明治安田生命J1リーグ第6節のベストイレブンを選出した。

2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン

 ベガルタ仙台を7-0で下した浦和レッズからは、ハットトリックを達成したFW興梠慎三と驚愕のミドルシュートを突き刺したMF武藤雄樹を選出した。

 また、FC東京に2-1で勝利したコンサドーレ札幌からは、アンカーで存在感を発揮したMF宮澤裕樹と、守備だけでなくセットプレーでも勝ち点3獲得に貢献した福森晃斗を選出。さらに四方田修平監督を今節の最優秀監督とした。

 他にはジュビロ磐田戦で2アシストをマークした横浜F・マリノスのMF齋藤学や、古巣鹿島アントラーズからゴールを挙げたセレッソ大阪のMF山村和也などの活躍が目立った。

 フットボールチャンネル編集部が選んだ明治安田生命J1リーグ第6節のベストイレブンと最優秀監督は以下のとおり。

▽GK
キム・スンギュ(神戸)

▽DF
福森晃斗(札幌)
水本裕貴(広島)
犬飼智也(清水)

▽MF
宮澤裕樹(札幌)
鎌田大地(鳥栖)
山村和也(C大阪)
齋藤学(横浜FM)
武藤雄樹(浦和)

▽FW
鄭大世(清水)
興梠慎三(浦和)

▽最優秀監督
四方田修平(札幌)

フットボールチャンネル

最終更新:4/10(月) 17:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)