ここから本文です

Cロナよりハイペース。驚異的な得点関与数誇るトッテナム若手MF

4/10(月) 21:00配信

フットボールチャンネル

 トッテナムに所属するイングランド代表MFデル・アリが、驚異的なペースでゴールに絡んでいる。英紙『デイリー・メール』は、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドを上回るペースであることを伝えた。

C.ロナは133試合で5位 チャンピオンズリーグ歴代出場ランキング 1位は…

 アリは11日に21歳の誕生日を迎える若手だが、すでにイングランド代表で17試合に出ている有望株だ。『デイリー・メール』は、同選手がこれまでのキャリアで40得点に関与したことを伝え、これがとてつもないペースであることを紹介している。

 比較対象となったのはC・ロナウドだ。ポルトガル代表の主将は、21歳のときにマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた。そのときにC・ロナウドは14ゴール11アシストを記録し、合わせて25得点に関与している。

 そのほかでは、当時ウェスト・ハムのフランク・ランパード氏が15得点に関与。元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ氏は14、元リバプールのスティーブン・ジェラー氏が13、元マンチェスター・ユナイテッドのデイビッド・ベッカム氏が12という数字となっている。

 このデータを聞いたマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「アンビリーバブルだ」と驚き、「彼は日々向上している。スキルももちろんだが、キャラクターもそうだね。同じ世代のどの選手とも違う。彼には経験があり、ユニークな選手だ」と絶賛した。

 今シーズンだけでも19ゴール10アシストを記録しているアリは、どこまで進化していくのだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)