ここから本文です

インテルのエース、じつは不調!? ホームでゴール量産も敵地では…

4/10(月) 23:00配信

フットボールチャンネル

 インテルのFWマウロ・イカルディは、実際にはあまり調子が良くないのかもしれない。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、アウェイゲームにおけるインテル主将の得点力の低さを指摘した。

本田は8得点で5位 セリエA日本人得点ランキング 1位は…

 イカルディはインテルの絶対的なエースだ。ここまで20ゴールを挙げており、ダントツのチーム内得点王。リーグ全体でも4位タイという立派な数字を残している。

 だが、この20ゴールを振り返ると、意外な事実が浮かび上がってくる。アウェイでの得点が極端に少ないのだ。20ゴール中15ゴールがホームゲームで、敵地で決めた5点のうち4点は昨年9月の出来事である。残る1つは3月のカリアリ戦だが、これはPKによる得点。つまり、アウェイゲームでは流れの中からのゴールが昨年9月を最後に決まっていないことになる。

 インテルは現地時間9日、セリエA第31節で格下のクロトーネに敗れた。このアウェイゲームでもエースに得点はなく、インテルは7位に転落している。

 次節はミランとのミラノダービー。得意のホームでイカルディにゴールは生まれるだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)