ここから本文です

世界に「睡眠革命」を起こすピーター・ティールの愛弟子

4/10(月) 15:00配信

Forbes JAPAN

眠りこそが、人類共通の至福にして、永遠の悩み──。寝具サイト「Casper(キャスパー)」が7000万ドル調達するなど、今、安眠法や寝具を提供する睡眠ビジネスが注目を集めている。



「Hello(ハロー)」もその一つだ。ジェームズ・プラウド(25)が立ち上げた同社は、睡眠導入デバイス「Sense(センス)」を開発。センサーを使ってユーザーの睡眠状況や室温を記録・分析し、快眠につなげようとしている。すでに同社は4000万ドルを調達。センスは大手スーパーでも市販されている。
 
プラウドは、有名投資家ピーター・ティールが創設した起業家育成奨学金制度「ティール・フェローシップ」の1期生である。同制度は大学中退を条件に10万ドルを供与するが、ティールはそれとは別にハローに個人的に出資している。

「他の誰よりも粘り強く、決意に溢れていた」と、ティールはプラウドに一目置いており、センスについてもその可能性を認めている。

「うまくいけば、iPodと並ぶデバイスになるかもしれないよ」

ジェームズ・プラウド◎12歳でウェブ制作のアルバイトを始め、17歳でコンサートの情報収集サイト「GigLocator(ギグロケーター)」を創業。2011年にピーター・ティールが創設した起業家育成奨学金制度に応募。ギグロケーターを売却後、アクティビティ記録デバイスの開発に着手。14年に睡眠導入デバイスに方向転換し、「Hello(ハロー)」を創業した。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:4/10(月) 15:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年9月号

株式会社アトミックスメディア

2017年9月号
7月25日(火)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。メルマガ配信、限定のプレゼントやイベントへのご招待も!