ここから本文です

とうぶフレンズに会いに行くのだ!けものフレンズが東武動物公園とコラボ

4/11(火) 14:30配信

東京ウォーカー

東武動物公園は、テレビアニメ「けものフレンズ」とコラボレーションしたイベントを4月22日(土)から6月25日(日)の間、開催する。

【写真を見る】東武動物公園のヒグマ

「けものフレンズ」は、漫画「ケロロ軍曹」で知られる吉崎観音さんがコンセプトデザインを担当するメディアミックスプロジェクトで、動物が人間の姿になった「アニマルガール」たちの活躍を描いた作品。テレビアニメでは、モデルとなった動物について動物園や水族館の職員が解説するパートがあることでも話題となり、東武動物公園のスタッフも「コツメカワウソ」や「ワシミミズク」、「ヒグマ」などの解説を担当しており、数名の飼育係が声で出演した。

アニメに登場する「アニマルガール」のモデルとなった各動物の展示場やその周辺には、約60センチのキャラクターパネルを26体設置する。その中には、東武動物公園を代表する人気動物「ホワイトタイガー」など、アニメ内には登場しなかった「アニマルガール」のパネルも。東武動物公園では飼育されていない「サーバル」と「フェネック」のパネルは遊園地に出没予定だ。また園内放送では、「けものフレンズ」のレギュラーキャラクター「アライグマ」役を務めた声優の小野早稀さんによる紹介アナウンスが流される。

4月22日(土)、5月13日(土)、6月10日(土)には、アニメ内で動物の解説をした飼育員による特別動物ガイドを開催。カワウソ、キリン、ライオン、ヒグマ、ビーバーの生態や個体の特徴を、アニメ内では触れられなかったところまで説明してくれる。

コラボイベントについて東武動物公園の担当者は「アニメに出てきたキャラクターたちは、モチーフとなった動物の特徴をよく捉えたデザインで描かれているので、キャラクターと動物を直接見比べて楽しんでもらえれば」とコメント。また「東武動物公園は動物園だけでなく遊園地も併設した広いパーク。ぜひ園内を回ってみてほしい」と話した。

さまざまな動物のリアルな魅力とアニメの世界観が一体となったイベント。思わず「たーのしー!」と言いたくなるような楽しさが満載だ。「とうぶフレンズ」を探しに行こう!【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

最終更新:4/11(火) 14:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。