ここから本文です

【恋愛塾】煮えきらない彼をどうにかして!彼氏にプロポーズさせる方法

4/11(火) 17:01配信

Suits-woman.jp

同棲もしてくれないし、結婚を意識している気配もない……。ただ時間だけが過ぎていく現実を、受け入れられずにいるのでは?

そろそろ彼にも本腰を入れてもらえるように、あなた自身が変わっていきましょう。

そこで今回は、彼氏にプロポーズさせる方法をご紹介いたします。

「自慢の彼女」になる

彼氏にプロポーズさせるためには、とにかく「自慢の彼女」にならなければ、結婚を意識してもらえないでしょう。彼氏が結婚してくれないからって、魅力がないというわけでもありませんが、彼にとって自慢の彼女になれば、たとえ結婚してからも周囲の人に対して「俺の奥さんは100点だよ!」と、自慢してくれるでしょう。では、自慢の彼女とは一体どういう人なのか……気になりますよね。

答えは簡単。

自分にとって自慢の彼氏像を考えたときに出てくる条件は、きっと理想の彼女像と共通するものがあるはず。つまり、自分自身が「こんな人と付き合いたい」と思う理想に近づいていけばいいだけなんです。たとえば「イケメンじゃなくてもいいから雰囲気だけでもカッコよくいてほしい」と思うなら、きっと彼にとってもパーフェクトではなく雰囲気美人な彼女を連れ歩いているだけで、誇らしげになるでしょう。「結婚しないと他の男に盗られる!」と思える存在を目指してみてくださいね。

精神的な自立を目指す(経済力も!)

彼に頼ることは大切です。

しかしお互いに社会人として働いている場合、物理的に「支え」を感じるというよりかは、彼の存在そのものが心の支えになっていることに気がつくでしょう。たとえ、2人とも仕事が忙しくてなかなか会えなくなっても「落ち着いたら一緒に旅行に行こう」と決めて、それぞれがそれぞれの場所でがんばるなんて、とても素敵です。一方、大人になっても依存心を断ち切れずに、学生と変わらない恋愛を繰り広げている人もいます。いつまでも彼を頼っていては、結婚を意識してもらえないのも当然です。精神的・経済的な自立を少しずつ目指してみましょう。

1/2ページ

最終更新:4/11(火) 17:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。