ここから本文です

世界初アボカドバーがオープン!

4/11(火) 21:01配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ブランチ界を、そしてインスタグラム界を嵐のように席巻したアボカドが、ついに世界初のレストランになる。ニューヨークのブルックリンにできた「アボカデリア」がそれだが、メニューにあるのは全部、アボカド料理。

“世界初のクィックサービス方式のアボカドバー”と自称するアボカデリアでは、ヘルシーなサラダや、トースト、もちろんワカモレなどすべてにメキシコ産オーガニックのハス・アボカドを使っている。

店を作ったのは、3人のイタリア人。実はイタリアではアボカドはそれほど人気がないという。そのうちのひとり、フランチェスコ・ブラチェッティは以前メキシコ・シティに住んでいたのだが、何でもアボカドを使った料理に恋してしまった。栄養的にも優れたアボカドに特化した店がまだ1軒もないことに驚き、2人の親友アレッサンドロ・ビッギとアルベルト・グラミニとともに先陣を切る時がきたと決意したそうだ。

メニューは、さまざまな国の料理に影響を受けたもの。例えば、メキシコのピコ・デ・ガヨや日本の七味、エジプトのデュカなどの香辛料を使っている。

誰もがアボカドに恋しているかというとそうではなく、もうアボカドはたくさんと、メニューから排除した某ロンドンもあるが、それでも、アボカデリアでは、1日50~100個のアボカドを使い、アボカドとローズをのせたトーストや、ヨーグルトを詰めたアボカド、フムスとアボカドのトーストなど美味しいスナックを提供していく。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。