ここから本文です

人差し指の長さでわかる!?あなたの「性格診断」

4/11(火) 23:10配信

コスモポリタン

「手相占いはおもしろいけど、大体が眉つばモノ」。そう思っている人もいるのでは? ところが、手のある部分には知られざる人間の秘密があるのだとか。

12星座別、この春「出会える」スポットを徹底占い!

コスモポリタン イギリス版によると、かねてから研究者たちは、胎児が子宮内で比較的高いレベルのテストステロン(男性ホルモン)にさらされた場合、人差し指の成長が遅れ、薬指の長さとの違いが大きくなることを認識していたそう。女性は男性に比べてテストステロンよりもエストロゲン(女性ホルモン)にさらされるため、その違いは男性より小さいけれど、たしかに人差し指と薬指の長さに違いが出るとのこと。

「胎児期にどれだけのテストステロンにさらされたかが、成人後の行動にも影響を与えます」と述べるのは、イギリスのノーサンブリア大学心理学科の上級講師で、指の長さについて研究するジョハネス・ホーンコップさん。

ホーンコップさん本人は、指の長さと性格は「ほとんど関係ない」と考えているものの、科学者の中にはそこに興味深い関連を見出そうとする人々も。以下に挙げるのは、そうした研究結果が示す、人間の性格類型。

人差し指が薬指より短い人

つまり、胎児期にテストステロンにさらされたレベルが高めの場合。

1.持久力が高い

より多くテストステロンにさらされた女性は、そうでない女性に比べて、長距離走などの持久力を要するスポーツが得意な傾向があるとホーンコップさん。これについては「かなり関連性があります」とのこと。

2.数学、テレビゲーム、パズル、ルービックキューブが得意

ノルウェー科学技術大学(NTNU)の博士・研究者であるカール・パインツカさんは、女性と男性の間の脳の働きの違いを研究。その過程で、女性の指の長さを調べ、テストステロンとプラセボ(有効成分のない薬)のどちらかを投与した後、3D環境でのナビゲーションや、図形を反転させたときの形を予想する実験を行ったそう。

すると。テストステロンを投与した女性たちは、そうでない女性達に比べて、こうした空間認識にはるかに優れた結果を示したのだとか。これによって、元々テストステロンに多くさらされている方が、空間認識能力を必要とする計算などに長けている可能性を示唆する結果に。

3.浮気をしやすい

生物学雑誌<Biology Letters>に寄せられたある研究では、575人の成人の性的傾向と指の長さを比較。すると高レベルのテストステロンにさらされた人々は、不特定多数との性的関係に陥りやすい傾向が明らかに。

4.女性に惹かれやすい

カリフォルニア大学バークレー校が行ったある研究では、720人の男女の手を調査し、性的指向や兄弟姉妹の有無などを質問。結果、レズビアンを自認している人ほど、人差し指と薬指の長さの違いが大きい傾向にあったそう。

1/2ページ

最終更新:4/11(火) 23:10
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。