ここから本文です

NGT48宮島亜弥「きっとこれは私たちじゃなければ、歌えない曲だと思うんです」

4/12(水) 20:00配信

BEST TIMES

4月12日(水)発売のシングル『青春時計』でついに全国に打って出る、AKB48国内5番目の姉妹グループ「NGT48」。新潟県を活動拠点とし、地域活性化をテーマに2015年に結成されたグループだが、今回のメジャーデビューをきっかけに、もっと彼女たち個人のことをみんなに知ってほしい! と言うことで、それぞれのパーソナルに迫るインタビューを短期連載! 

ゆっくりとした喋り口調で控えめな性格ながら、心の内には熱い思いを秘めたあやにゃんこと宮島亜弥。新潟県長岡市出身の彼女には、「NGT48のみんなを連れて行きたい新潟県内の場所BEST3」を聞き取り! 個性的な面々が揃うNGT48メンバーを、おっとりとまとめてくれそうですよね! 

――宮島さんというと「あなたの癒しになりたい」という自己紹介の通り、フンワリ、おっとりというイメージがあります。ご自身では自分のことはどう思われますか? 

宮島 自分では喋りはハキハキしてるつもりなんですよ。自分では早口だなぁと思うぐらいのスピードで喋っているんですけど、周りからしたら相当ユックリみたいです(笑)。

――このスピード感が逆に柔らかさが出てて、いい具合ですよ。あと、宮島さんというと「ヘタレって呼ばないで!」と自己紹介で仰ってますよね。そこまでなんですか? 

宮島 フフフ、本当なんです(照れ)。なぜかバスを降りる時にボタンが押せないんです。自分からピンポーンと押しに行くと、他の方から注目されてしまうじゃないですか、「アイツ、ボタン押したぞ!?」って。それが恥ずかしいんですよ。

――アイドルとして、それは大丈夫なんですか!? (笑)。

宮島 それを言われてしまうとおしまいです! (笑)。ステージ上からファンの方に見られるのと、バスの中で見られるのはまた別なんですよ……私の中では。

――(笑)。宮島さんは長岡のご出身ですが、メンバーさんと新潟県内で遊ばれますか? 

宮島 私は今も実家暮らしなので、劇場公演やお仕事が終わると、すぐに帰らなくちゃいけないんですよ。だから中々みんなと遊べないんです。それに私、インドアなんです(照れ笑い)。だから中々遠くにお出かけするということがあまりないんですよ。

――あら、そうなんですね(笑)。

宮島 でも大好きな場所はたくさんあるんですよ。

――――では、そんな宮島さんには「みんなを遊びに連れて行きたい新潟の場所BEST 3」を伺えればと思います。

宮島 どこだろうなぁ……、私は犬を飼っているので、犬と一緒にでかけられる場所が好きなんです。今度NGT48が長岡で握手会を開催する、ハイブ長岡という施設の目の前に、大きい公園(千秋が原ふるさとの森)があって。そこにはたくさんペットを連れた方がお散歩を楽しんでいて、私もよくその公園でお散歩しに行くんです。今度握手会が開催される時には、メンバーと一緒にペットを連れて散歩を楽しみたいです。

――NGT48のみなさんは、フォトログを見るとペットを飼ってる方が多いですよね。

宮島 そうなんですよ。季節ごとの花も楽しめる場所なので、本当に良い場所なんです。……じゃあ、ハイブ長岡とこの公園を第3位にします! 

――決まりましたね! 第2位はどこでしょう? 

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。