ここから本文です

【CL勝負を分けたワンプレー】組織力と個人技が集約されたユーベの先取点

4/12(水) 20:10配信

footballista

スカパー!×footballista ピックアップレビュー

UEFAチャンピオンズリーグ全試合を放送する『スカパー!』と『footballista』がコラボレーション。注目カードの勝敗を分けたポイントを、『footballista』執筆陣が詳細に分析する。


UEFAチャンピオンズリーグ/準々決勝 第1レグ
ユベントス 3-0 バルセロナ


 7分、ユベントスがファウルを受けた自陣右サイドからビルドアップを開始。左サイドに展開して持ち上がると、前線の左寄りに位置したイグアインが大きなサイドチェンジを放ち、ボールは右サイドに開いていたクアドラードに渡る。バルセロナの左サイドバック、マテューに1対1を仕掛けたクアドラードが細かいフェイントでマーカーの注意を引きつけつつ中へ折り返す。そこに待っていたのは、巧みなポジショニングでフリーになっていたディバラ。素早い反転から放たれた左足のシュートがゴール左隅に決まった。

 このゴールがその後の試合展開に与えた影響は非常に大きかった。早い時間帯の先制点でユーベが精神的にも優位に立ったことはもちろん、バルサの弱点とそれを突く戦術的意図がよく表れていたからだ。

 右サイドバックのセルジ ロベルトが積極的に攻め上がり[4-3-3]から[3-4-3]へと変形するバルサのシステムは、構造上3バック時にサイドのスペースが空く。そこを突き素早く攻撃を組み立てるのがユーベの狙いだったことは、このシーンでセンターフォワードのイグアインが躊躇なくサイドへの展開を選択したことからもうかがえた。

 加えて、大逆転を果たしたパリサンジェルマンとのラウンド16セカンドレグとは違い、メッシのスタートポジションを右サイドとしたバルサのサイドでの守備力が低下していたことも、ユーベのサイド攻撃の勢いに拍車をかける結果となった。自陣から縦に早く攻め切り奪ったユーベの2点目が、やはり左サイドからだったのは偶然ではなかった。

 また、1点目のシーンではディバラの動きも素晴らしかった。一度前線に飛び出したのち、クアドラードがドリブルを仕掛けた時にその場に立ち止まることでマテューとピケ、ネイマールと距離を取ってフリーに。これによって創出したわずかな時間を使い、反転から短い振り幅でインサイドキックを放ち正確にゴール左下隅に叩き込んだ。

 ディバラの急成長ぶりは凄まじく、彼一人の力で決めてしまう試合も最近は増えている。バルサ相手の2得点は、そのタレントをあらためて証明したと言えるだろう。

(文/神尾光臣)

最終更新:4/14(金) 10:52
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 048
8月12日(土)発売

定価900円(税込)

[特集]
17-18 欧州展望
無名の“ラップトップ監督”が新時代を切り拓く