ここから本文です

ドルトムントのチームバス付近で爆発が起きCL延期 バルトラ手首負傷、CEO「ショックで硬直した」

4/12(水) 6:28配信

Football ZONE web

CLモナコ戦の開始約1時間前に衝撃の一報 試合は12日に延期

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、現地時間11日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦で、モナコと本拠地で対戦する予定だったが、スタジアムへ向かうチームバスが爆発に巻き込まれるというアクシデントに見舞われた。これにより試合は現地時間12日の18時45分(日本時間午前1時45分)に延期されることが決まった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 試合開始のおよそ1時間前となる現地時間2時40分頃に衝撃の一報が届いた。ドルトムントは公式ツイッターを通じ、ホテルからスタジアムへ向かうところでチームバスが爆発に巻き込まれたと発表。スペイン代表DFマルク・バルトラが負傷し、病院へ向かったと続報した。

 スペイン紙「アス」によれば、バスの近くで起きた爆発は計3回。バルトラは爆発の衝撃で割れた窓ガラスの破片で腕を切ったという。スペイン紙「マルカ」は、手首の手術を受けたと報じている。その他の選手やスタッフに負傷したとの情報は出ていない。

 また、ドイツ紙「キッカー」によれば、ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは「チームはショックで硬直した」と恐怖体験を振り返っている。

現場はスタジアムから10キロほどの場所

 試合会場となるドルトムントの本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクも騒然とするなか、試合は翌日の現地時間12日の18時45分、日本時間13日1時45分に延期されるとアナウンスされた。爆発が起きたのはスタジアムから10キロほどの場所ということで、地元警察も会場に足を運んでいたサポーターへ十分な警戒を呼びかけている。

 爆発の原因などについては現在調査が進められている。各国で公共交通機関を狙った爆破テロなどが連続して発生している世界情勢もあるだけに、サッカー界にも激震が走った。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/12(水) 8:09
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新