ここから本文です

思わずゾクッ…!子供たちのミステリアス発言集10

4/12(水) 13:10配信

コスモポリタン

子供はよく、大人には思いつかないような発想や発言をするもの。それこそが子供の持つ純粋な魅力なわけだけど、中には時に、ゾっとするような発言をする子も…。

【12星座別占い】この春「出会える」スポット

ネット投稿サイト<AskReddit>にユーザーたちから寄せられた、「子供のミステリアス発言」をコスモポリタン アメリカ版がまとめた記事には、思わずゾクッとしてしまうような体験談がいっぱい。

実は子供たちには、前世が見えているのかも…!?

1.“車にぶつかって、前のママが泣いちゃって、それで今のママのところに来たんだ“

「息子が3歳の頃、おもちゃの車で人形を轢くような遊びを始めたんです。そんなことしないでと止めると、『僕、こうやって死んだんだよね?』と突然言い出しました。『死んだことなんてないわよ』と返すと『そんなことないよ! 前に2歳だった時に死んだんだ。車にぶつかって、前のママが泣いちゃって、それで今のママのところに来たんだよ』と。息子は今ティーンエージャーになりましたが、その時のことは何一つ覚えていないようです」(Nodgenodgewinkwink)

2.“あの時はママから離れちゃってごめんね“

「友人は、子供を出産する前に1度流産したことがありました。数年前、彼女の娘が4歳になった頃、みんなでパーティーに出席したんです。すると、友人の膝の上に座ったその子が何やらブツブツ独り言を言い始めて、『あの時はママから離れちゃってごめんね。すごく痛くて、まだ準備ができてなかったの』と…。友人が『どういう意味?』と尋ねると、彼女は、生まれる前に離れちゃったけど、また戻って来たと言うんです。ゾクッとしました…その子はその会話のことを今では一切覚えておらず、母親が流産したことさえ未だに知らされていません」(workbidness)

3.教えていない言葉を話せた

「母から聞いたのですが、私は小さい頃ロシア語をすごく勉強したがって、ロシア語教室に通わせてもらっていたそうです。私にとってロシア語は簡単で、自然に使いこなすことができ、難しい文章もなぜかすらすら作れてしまったみたいで…。先生は、『教えてもいない表現まで使って話すから怖い…』と母に言っていたそうです。今でもロシア語はそれなりに流暢に使えますよ」(PippenRedux)

1/3ページ

最終更新:4/12(水) 13:10
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。