ここから本文です

「レスターを過小評価しすぎ」F・トーレス、相手に敬意…粘り強さに警戒

4/12(水) 9:24配信

フットボールチャンネル

 現地時間12日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグの試合が行われ、アトレティコ・マドリーはホームでレスター・シティと対戦する。この試合が行われる前日にアトレティコに所属するFWフェルナンド・トーレスが意気込みを語った。11日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

C.ロナは133試合で5位 チャンピオンズリーグ歴代出場ランキング 1位は…

 F・トーレスは最初に「レスターを”過小評価”するチームが多すぎる」と語った。続けて「ラッキーだったからプレミアリーグで優勝したわけではない。ラッキーだったからCLで残ったわけではない。彼らが達成できたのは、一所懸命戦い、最後まで頑張った素晴らしいチームだからだ。全ての成功には価値がある」と語り、レスターに対して敬意を表している。

 クレイグ・シェイクスピア監督がレスターの指揮官になって以降、公式戦6勝1敗の成績を残していた。同監督の手腕が素晴らしいものであることは間違いないが、その起用に応えて選手たちが結果を残していることからしても、もともとそれだけの実力を持っていたと言えるだろう。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)