ここから本文です

ドルトムントを襲った爆破事件に欧州中が震撼も、両サポーターの連帯感に称賛の声

4/12(水) 14:45配信

Football ZONE web

試合延期で1泊追加のモナコサポーターへ差し伸べられた支援の輪

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、現地時間11日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦でモナコと対戦する予定だったが、本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクへ向かうバスが爆破される事件が起きた。スペイン代表DFマルク・バルトラが負傷するなど大きな爪痕を残している一方、試合は現地時間12日午後6時45分キックオフに延期された。衝撃の事件に伴う試合延期によって、ドイツでもう1泊する必要が出ているモナコファンに対して、ドルトムントサポーターが粋な計らいを見せている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ドルトムントは衝撃的な事件に巻き込まれた。午後7時15分、スタジアムから10キロほど離れた宿泊先のホテルを選手を乗せたチームバスが出発し、メインストリートに出た直後、生け垣に隠してあった爆弾が3度爆発した。バルトラの隣に座っていたGKロマン・ビュルキの証言によれば、大きな爆発の衝撃で割れた窓ガラスの破片がスペイン代表CBに直撃したという。

 この事件を受けて試合は翌日に延期となったが、敵地フランスから駆けつけていたモナコサポーターは、ジグナル・イドゥナ・パルクのスタンドで「ドルトムントコール」を送り、ショックを受けるホームチームに対して連帯感を示した。

 するとドルトムントサポーターも、もう1泊する予定のなかったモナコファンに手を差し伸べた。「アウェーのファンにベッドを」「アウェーのファンに食卓を」というハッシュタグを作成し、拡散。試合延期により宿のない敵地ファンに対して、宿泊先や食事場所を紹介し提供する支援を開始した。

英メディア「なんてファンタスティックなんだ」

 ドルトムントも公式ツイッターで、「親愛なるASモナコのサポーターヘ。もしも、ドルトムントでの宿が必要なら、『アウェーのファンにベッドを』をチェックしてください」と呼びかけている。そしてドルトムントサポーターとモナコサポーターが、同じテーブルを囲み食事をする画像が掲載された投稿をリツイートするなど、クラブもアウェーサポーターに対する支援に協力している。

 このドルトムントサポーターの粋な計らいに、英公共放送「BBC」も「ドルトムントサポーターによる、なんてファンタスティックなジェスチャーなんだ」と称賛。世界最大級の年間集客数を誇るドルトムントのサポーターは、衝撃を受けた夜に温かさを示していた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/12(水) 14:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新