ここから本文です

L浅村、2打席連続の適時打で西武がリード。則本が6失点

4/12(水) 17:55配信

ベースボールチャンネル

 埼玉西武ライオンズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦(12日 Koboパーク宮城)は5回表終了時に西武が6-3とリードをしている。

ライオンズのチアが1800人のファンを魅了!

 試合は初回に楽天の2番・ペゲーロが西武先発の多和田から右中間に2ラン本塁打で先制すると、その後も多和田を攻め、銀次、島内の連打から岡島の適時打でさらに1点を加え、3点を先行する。

 一方の、楽天の則本も西武打線相手に毎回走者を出す苦しい投球となった。3回には安打と四球で出した走者を3番・浅村の適時打と5番・栗山の犠飛で2点を返されてしまう。

 さらに4回表にはこの日シーズン初出場の7番・渡辺に二塁打を打たれると、9番・木村に中前適時打を浴び同点。さらに西武打線は則本を攻め続け、浅村がこの日3安打目となる適時打を左前に運び、4点目を追加し勝ち越しとなった。

 一方の楽天は4回裏に安打と四球で多和田をマウンドから降ろしチャンスを作るも、西武の2番手の大石がペゲーロを二ゴロ併殺打、ウィーラーをフォークボールで空振り三振に仕留め、火消しに成功。チャンスを活かすことができなかった。
 
 5回も続投した則本は再度ピンチを作り、1番・秋山に左翼フェンス直撃の適時二塁打を浴びて6失点。この日の成績を5回116球、10安打4四球4三振6失点とした。

ベースボールチャンネル編集部