ここから本文です

川崎がACLで中国王者をシャットアウト! “爆買い軍団”広州恒大に互角のスコアレスドロー

4/12(水) 21:03配信

Football ZONE web

後半には川崎が優勢に出るも勝利には至らず

 川崎フロンターレは12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節で中国王者・広州恒大とホームで対戦。降りしきる雨の中で行われた大一番は、川崎が強固な守備で広州の強力なブラジル人トリオを封じ込み、0-0と引き分けた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 前半から広州のブラジル人トリオが存在感を発揮した。前半5分、FWリカルド・グラルがボックス右からシュート、同11分にはMFパウリーニョが約25メートルの直接FKを強烈な無回転シュートで、同35分にはFWアレンが左サイドからのミドルシュートでゴールに襲いかかった。その一方で、川崎は強固な守備網を敷き、アジア屈指の攻撃陣の猛攻に耐え、前半をスコアレスで折り返した。

 川崎は後半開始から、MF中村憲剛をピッチに送り出す。後半23分には中村がボックス内でボールを受けると、タイミングをずらしてシュート。こぼれ球を長谷川がダイレクトボレーでゴールを狙った。この日最大の決定機だったが、相手GKの好セーブに遭った。

 それでも、前半は守備に追われていた川崎だが、徐々にらしさを発揮し、主導権を握り始める。

 敵将フェリペ・スコラーリ監督はこの展開にフラストレーションを募らせ、激しいタックルを見舞ったFW小林悠が給水のためにタッチラインに向かった際、詰め寄り罵声を浴びせていた。

 同39分には川崎MFエドゥアルド・ネットのミドルシュートが枠を捉えるも、またも相手GKが弾き出し、得点には至らなかった。後半は中国王者を苦しめた川崎だが、得点に結びつけることはできず、0-0で試合終了。これで川崎は4戦連続のドローで、勝ち点4の3位のまま。グループGは、同日の試合でイースタンに5-0で快勝した水原三星が勝ち点8で首位に浮上、勝ち点6の2位に広州が続いている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/12(水) 21:09
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新