ここから本文です

爆発被害のドルトDFは「大丈夫」。父が数日中の退院を明かす

4/12(水) 22:00配信

フットボールチャンネル

 ボルシア・ドルトムントのスペイン人DFマルク・バルトラは、数日中に退院できる見通しだ。同選手の父がスペインメディアにコメントを残している。

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

 現地時間11日、ドルトムントはチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでモナコと対戦する予定だった。しかし、何者かがチームバスを狙って爆発物を仕掛け、爆発によって割れた窓ガラスでバルトラが負傷。病院に搬送されて手術を受けた。

 バルトラの父は、「手術のあとで話すことができた」とのこと。選手本人は「問題ないと話した」そうで「息子は2、3日入院して退院することになるだろう」と現状を明かしている。

 それでも、精神的なダメージは心配だ。バルトラの父は「ショックを受けているというのは確かだ。息子はまず大きな爆発音を聞いた。何があったか分からずにいたが、それから頭と腕が痛いことに気づいたようだ」と話した。

 この事件の影響で延期となったドルトムント対モナコは、12日に開催される予定だ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)