ここから本文です

バルサに痛手…ネイマールが3試合出場停止でクラシコ欠場へ

4/12(水) 14:04配信

SOCCER DIGEST Web

マラガ戦で審判に対して侮辱行為。

 現地時間4月11日、リーガ・エスパニョーラの競技委員会は、バルセロナ所属のFWネイマールに3試合の出場停止処分を下したことを発表した。スペインの『マルカ』紙が報じている。
 
 ネイマールは8日に行われたマラガ戦(31節)で、64分に2枚目のイエローカードを受けて退場。ピッチを引き上げる際に、第4審判に向けて皮肉ともとれる拍手を送ったことが問題視されていた。
 
 この行為を重く見た競技委員会は、退場処分による1試合に加え、審判団を侮辱したとして2試合を追加。計3試合のサスペンション処分をネイマールに課す結論に至った。
 
 これでネイマールは、レアル・ソシエダ戦(32節)、レアル・マドリー戦(33節)、オサスナ戦(34節)に出場不可となった。
 
 対してバルサは処分の軽減を求める異議申し立てを検討中。23日のクラシコでネイマール欠場となれば、チームにとって小さくないダメージとなるからだ。
 
 バルサは11日に行われたチャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝第1レグで、ユベントスに0-3で惨敗。CLに続いてリーガでも厳しい戦いを強いられそうだ。

最終更新:4/12(水) 15:20
SOCCER DIGEST Web