ここから本文です

渡辺直美 「キュンとした人を好きになっちゃいけないなぁ」と意外な恋愛観を吐露

4/13(木) 15:12配信

ザテレビジョン

Ameba official Press (アメーバオフィシャルプレス)は12日にブログを更新し、お笑いタレントの渡辺直美が恋愛において”男性を信用していない”と明かした。

【写真を見る】Amebaのマスコットを手にポーズ

渡辺は映画「きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち」(シネ・リーブル池袋、全国イオンシネマ・一部劇場を除く、ほかにて公開中)でトーマスの仲間・アシマの声を演じた。子供の頃から動くことが大好きだったという彼女の本作への思い、そして人を惹きつける魅力、恋愛についてなどを語った。

本作で、渡辺が担当したキャラについて、「アシマは精神的にお姉さんだけど、明るく元気で子供らしい部分もあり、完全にお姉さんではない。ちょうどいい声を表現するのがとても難しかったです。」と振り返り、自身の声が低いため出来上がりを聞く時は恥ずかしかったという渡辺だが「トーマスとの歌の掛け合いは、とても素敵に仕上がっていて安心しました。」とホッとした様子。さらに、監督により何度も録り直したというトーマスとの歌のシーンで「いまの自分を輝かせましょう」とアシマが歌う歌詞に対して「声をあてながら自分に言い聞かせてるみたいで、現代にぴったりだなと感じました。」と自身と重ねた部分があったという。

新学期ということで「友達作りの秘訣」を聞くと、「小学校の頃も全校生徒と友達で、NSC(吉本総合芸能学院)でも話せない同期なんていないくらい友達は多いんですけど、実は人見知りで、NSCに入ったばかりのときは『相方になろうよ』って言えなかったんです」と告白。それでもネタ見せのときに最大限に自分を表現していくことで自然と友達が増え、「自分がコンプレックスだと思っていることも、包み隠さず笑顔でプレゼンすれば、認めてくれる人は認めてくれる」と信じていたそう。先輩のお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇や、ピースの綾部祐二は「そんな私を理解してくれて見放さないでいてくれるので、有難いですね」と感謝した。

しかし、恋愛については「恋愛は素直になれないです。まず信用してないです、男の人を(笑)。」と意外な告白。「やっぱり男性って、仕事と恋愛って違うんでしょうね。最近は仕事をしている姿を見て、キュンとした人を好きになっちゃいけないなぁ」と、恋心を抑えてしまうそうで「今までたくさん失敗してきているんで。だから、仕事とか抜きで、人として男性のことを見ていきたい」と男性に対しての考え方を明かした。「一目惚れはすごいします!!でもそこから、付き合うまでは2~3年かかりますね、しっかりと心と心で繋がりたいので。この人信用できる!っていう人が見つかるといいんですけど…(笑)。」と本音を打ち明けている。

最終更新:4/13(木) 15:12
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)