ここから本文です

小栗旬主演「CRISIS」が放送開始!規格外のアクションが話題に

4/13(木) 20:20配信

東京ウォーカー

小栗旬が主演を務める連続テレビドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(関西テレビ・フジテレビ系)の第1話が4月11日(火)放送され、話題を集めている。

本ドラマは、主演・小栗旬演じる稲見朗をはじめとする公安機動捜査隊特捜班の活躍を、直木賞作家の金城一紀が描いた骨太なアクションエンターテインメント。テロや政治的事件に脅かされる現代、うごめく巨悪に対し結成された規格外の部隊に各分野のスペシャリスト5人が集結。国家に危機をもたらす事件を秘密裏に捜査し、解決を図るという内容だ。

第1話では、外務大臣の息子・宇田川圭介が首に爆弾を巻かれて広場に現れる事件が起こる。圭介は数々の罪を犯してきたが、親の権力によって罪を隠ぺいされてきた人物。爆弾をしかけた犯人は息子の罪をもみ消してきた外務大臣にニュース番組での公開謝罪を要求し、不正を白日の下に晒さなければ圭介を殺害すると宣言した。現場に向かった特捜班は実行犯の逮捕に向けて動き出すが、圭介はやりたい放題。そんな中、稲見は事件の鍵を握る人物に接触。そこで驚きの事実を知ることとなる。

緻密な設定と情報を元に構築された一話完結型ストーリーは、これまでの警察ドラマの常識を超える規格外の事件ばかり。さまざまな思惑が交錯する中、個性豊かな特捜班のメンバーが危機に挑む。目まぐるしく変化する手に汗握る展開から目が離せない。さらに、小栗と特捜班のメンバー・田丸を演じる西島秀俊はこのドラマのために1年前からアクション訓練を受けてきた。鍛え抜かれた肉体と身体能力でアクション俳優としての地位も確立する2人が、技術に磨きをかけて挑むアクションシーンも必見だ。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

最終更新:4/13(木) 20:20
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。