ここから本文です

一生モノの『革小物』って? レザーラバーに聞いてみた

4/13(木) 15:00配信

エイ出版社

レザー好きが愛用する革小物を拝見

いつの時代も男を魅了してやまないレザー。使い込むほどに現れ出る美しいツヤやシボ。徐々に体に馴染んでいく従順さ。共に歩んだ時の経過が刻むキズすら、愛おしいものに感じてくる。ここではファッション業界のレザー好きが愛用する革小物を拝見! そこからモノ選びのヒントがきっと見つかるはず。

シンプルイズベスト。黒か茶で統一

【伊勢 博さん(アークネッツ代表)】

日本を代表するセレクトショップである伊勢さん。世界中の良品を見てきた伊勢さんの革小物は、実にシンプル。「基本的にはブラックかブラウンで統一しています。ウォレットとカードケースは必ず一緒のブランドにしないと納得できない(笑)」と、その徹底ぶりがこの統一感を生み出している。

【1】こちらのウォレットとカードケースはすべてJ&Mデヴィッドソン。この2つのアイテムはブランドを揃えるだけでなく、必ずレザーの種類も合わせている。
【2】アーツ&サイエンスのタバコケース。中には喫煙具のほかに、コンパクトに収納できるドイツ発の筆記用具メーカーであるカヴェコのボールペン。
【3】いい風合いに仕上がったレザーバッグは、アーツ&サイエンス。シンプルなバッグで、かなり容量もあるため、スタイルを選ばないのが魅力。

使い込むごとに変化する重厚な雰囲気を楽しむ

【西崎智成さん(アトラクションズ 代表)】

トータルのコレクション展開ではあるが、エンジニアブーツやライダースジャケットなど、レザープロダクトは専任ブランドにも引けを取らない徹底したクオリティであるアトラクションズ。代表の西崎さんの愛用品は、品のあるブラックが揃う。「自分の中で革小物は、ブランドは違えど、ブラックで統一しないとしっくりこないんです」

【1】本ヌメホースバットを用いたレザーのウエスト&ショルダーバッグ。最初は革の油分で表面がマットな質感であるが、使い込むことで光沢感が出てきて、重厚な雰囲気に。
【2】こちらは親交のある革人形作家である本池秀夫氏に作ってもらったレザーのキャスケット。氏が手掛けるモーターで、ハンドメイドである。
【3】アトラクションズが仙台のベルト専門のブランドであるエースウエスタンベルトに別注したもの。銀面が削れ、まるで古着のよう。

1/2ページ

最終更新:4/13(木) 15:00
エイ出版社