ここから本文です

オンナに議長が務まるのか?」相崎佐和子伊丹市議会議長の決意

4/13(木) 11:50配信

政治山

「え?あなたが議長ですか?」

 女性であり、かつ44歳(就任時42歳)で育児をしながら市議会議長を務める私が、よく言われる言葉である。女性の活躍が叫ばれ、様々な取り組みが試行錯誤しながら進められている現在の日本。しかし、こと“議会の議長”においては未だ絶対数が少なく、女性の活躍が進んでいない。そこで実際に議長を体験中の立場から、女性議長について現状やメリットを記してみたい。

女性議長の現状

 まず、日本における女性議長の現状はどうなっているのか? 女性議長の割合は以下の通りである。

●都道府県議会議長
 1人/47議会(2.1%)
●政令指定都市議会議長
 0人/20議会(0%)
●市町村議会議長
 40人/1,721議会(2.3%)

※都道府県:H27年12月15日現在(全国都道府県議会議長会調べ)
 市:H27年10月1日現在(全国市議会議長会調べ)
 町村:H27年7月1日現在(全国町村議会議長会調べ)

 この数値をどう感じられるか? 議会における女性議長は極めて少ない現状と言えるだろう。国では“2020年までに女性管理職30%”と目標値を掲げるが、議会議長において到達の可能性は低そうである。

 こんなことがあった。全国の市議会議長が集まる会に出席した時のこと、挨拶にきてくださった他市議会の議長が、私ではなく随行の議会事務局長(50代男性)に名刺を差し出したのだ。事務局長を議長と勘違いしたのである。間違いを指摘された先方の議長は慌てて謝罪してくださり、逆に和やかな雰囲気になった出来事であったが、これは“議長はベテランの熟年男性”との固定概念があったせいであろう。それもそのはず。実際のところ議会議長は男性が大半なのである。

女性議長のメリット

 では、議長が女性である場合、いかなるメリットがあるのか?自身の経験から特に3点を挙げたい。

1.女性活躍社会への意識向上

 写真にお目通しいただきたい。当方の本会議場の様子だが、女性が少ないことに気づかれることだろう。市長はじめ市幹部が着席しているが、ほぼ男性である。この状況下、中央の議長席に女性。これは視覚的に“女性もリーダーとして活躍する時代”の象徴となり得ると感じている。

 他にも市内外のイベントや会議に出席する機会が数多くあるが、議長として私が登場すると多少のどよめきが起こる。珍しいので驚かれるのだ。“市議会のリーダーである議長”として女性が存在することは、視覚的・感覚的に女性リーダーのイメージを印象づけ、女性活躍社会への意識向上に繋がる。単純なことだが、効果は高いと肌で感じるところである。

2.女性が活躍しやすい議会への体制整備

 議会は住民の代表として声を上げる役割を担っていることから、議会における男女比は住民の男女比とほぼ同数であるのが望ましい。しかし、実際は男性議員が圧倒的に多いのが実情である(伊丹市議会では女性議員7人/定数28)。

 このアンバランス解消には、議会の仕組みなどにおいて女性が活躍しやすいよう整備を進めることが肝要であり、女性議長であれば自身の経験を活かしながらリーダーシップを発揮して進めることができる。

 例えば私の場合、1期目の時に次女を出産した経験を踏まえ、現職女性議員が出産する際、また現職男性議員のパートナーが出産する際に希望する休暇が取りやすいように規則を改正した。「その改正は必要か?」との声に対して「必要です!」と明確に発言したのを覚えている。

 もちろん男性でも女性活躍社会推進の意義を理解して改善に取り組むことは大いに可能であり、実際にかような男性が増加していることを心強く思っているが、当事者として女性がリーダーの立場で取り組むことは、発言力や説得力に重みが増すものであり、意義深いと実感している。

3.子育て世代における政治への関心向上

 我が国が抱える大きな課題の1つが人口減少であり、少子化対策が必須なのはご承知のところだ。先進諸国と比較して子育て施策の脆弱さが指摘されているが、原因の1つは政治がこれまで、子育てに遠い類型の方々ともいえる年配男性を中心に担われていたことではなかろうか。

 政治における年配男性の役割を否定するつもりはない。ただ、少子化対策を進めるなら、当事者である子育て世代が政治に関心を持ち、子育て施策の充実を掲げる政治家を増加させることは重要なポイントだ。しかるに現状は、高齢者に比べて子育て世代の投票率は低く、政治への関心が高いとは言い難い。

 子育て世代も様々な社会的課題に直面している。それを例えば昨年の「保育園落ちた、日本死ね」のようにインターネット等で訴えることも1つの方法ではあろうが、政治的な課題は概ね政治でしか解決できず、そのためにはまず選挙で投票するなど政治に参画することが重要であろう。

 かような観点から、子育て中の女性が議長をしていることが、子育て世代にとって政治に関心を持つ契機になり得るだろうし、そうなりたいと考えている。

1/2ページ

最終更新:4/13(木) 11:50
政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社VOTE FOR

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。