ここから本文です

キャサリン妃が今年これまでに使った衣装代は?

4/13(木) 11:50配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ドルチェ&ガッバーナやアーデム、マルケーザ、プリーンなどを着ていることを考えれば、キャサリン妃が服に相当の金額を使っていることは特に驚くべきことではない。『デイリー・メール』紙が、今年これまでに彼女が着た服の金額を一着漏らさず徹底的に調査したところ、キャサリン妃は2017年になってからの4カ月で、新しい服に約57,346ポンド(約783万円)使ったことがわかった(調査では、すでに持っていた服は注意深く除外)。

この数字から見ると、2017年はキャサリン妃にとって「服にもっともお金を使った年」になりそうだと同紙。2016年は総額およそ17,400ポンド程度で、それでも2015年の4,260ポンドの約4倍をかけていた。

もちろん、これは単に概算であり見積もりに過ぎず、キャサリン妃はカスタムメイドの服も多く持っていると思われることから、同紙が使っている小売価格は当てはまらない。とはいえ、他誌もこれまでレポートしてきたように、彼女はプレゼントを受け取らず、すべて自分の衣装代から正規の値段で購入すると断言していることをお忘れなく。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。