ここから本文です

萩野VS瀬戸が実現、渡辺一平、池江瑠花子も決勝へ 競泳日本選手権予選結果

4/13(木) 15:17配信

THE ANSWER

世界選手権の代表選考、リオ五輪金の萩野は予選3位で決勝進出

 競泳の全日本選手権が13日、日本ガイシアリーナで開幕し、予選8種目が行われた。男子400メートル個人メドレーでは、同種目で16年リオデジャネイロ五輪金メダルの萩野公介(ブリヂストン)が4分16秒25の予選3位、銅メダルの瀬戸大也(ANA)が4分14秒06の予選1位で決勝進出を決めた。

【画像】リオ五輪に出場した日本人美人アスリート

 昨年9月に右肘を手術した萩野は、ライバル瀬戸との再戦が決勝で実現し、大きな注目が集まる。

 また男子100メートル平泳ぎでは、200メートル同種目の世界記録保持者、渡辺一平(早大)が1分00秒30の予選2位で決勝進出した。予選1位は59秒96の小関也朱篤(ミキハウス)。

 女子50メートルバタフライでは池江瑠花子(ルネサンス亀戸)が26秒24の予選1位で決勝進出を決めた。

 午後6時46分スタート予定の女子400メートル自由形を皮切りに7種目で決勝が行われる。

 なお、今大会は7月の世界選手権(ブタペスト)の代表選考を兼ねて行われる。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:4/13(木) 15:17
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。