ここから本文です

前半のみで交代のレスター岡崎、英紙でチーム最低点 「戦術的な理由で犠牲に」

4/13(木) 8:04配信

Football ZONE web

敵地でアトレチコに0-1で敗戦

 日本代表FW岡崎慎司は現地時間12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のアトレチコ・マドリード戦に先発出場したものの、前半45分のみの出場でノーゴールに終わった。地元紙の評価は低いものとなっている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 岡崎は試合開始直後の前半3分、自陣で奪ったボールを前線へと思い切り蹴り出すと、ヴァーディが俊足を生かしてボールを拾い、フィニッシュまでつなげた。同25分には右サイドのMFオルブライトンのクロスに対して岡崎は勢い良く飛び込んだものの、ボールがわずかにマイナス方向へと流れて、シュートしきれなかった。

 その後アトレチコのエースFWグリーズマンにPKを決められて先制を許したレスターのシェイクスピア監督は、ハーフタイムに岡崎をベンチに下げ、MFキングを投入する決断を下した。後半もチャンスを作り切れず、最少失点差ながら0-1で敗戦した。

 地元紙「レスター・マーキュリー」では、シンプソン、フート、ベナルアン、フクスの4バックとボランチのエンディティに10点満点中7点をつけているものの、攻撃陣には厳しい評価が並んでいる。特に岡崎はチーム最低点となる「5点」がつき、以下のような寸評が記されている。

「いくつかの有効なボールタッチを見せたが…」

「いくつかの有効なボールタッチを見せたが、戦術的な理由によってハーフタイムでの交代の犠牲になった」

 ゲームプランにハマらず、交代を余儀なくされたと評価されている。シェイクスピア新体制の中でヴァーディとの2トップが再び機能し始めていただけに、岡崎にとっては悔しい結果となった。1週間後に控える第2戦で、雪辱の機会は訪れるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/13(木) 8:04
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新