ここから本文です

ドルトムント監督が爆発事件翌日の開催を決めたUEFAに怒り 「非常に悪い気分だ」

4/13(木) 9:42配信

Football ZONE web

チームに精神的ダメージが残るなか、本拠地でモナコに2-3と敗れる

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、現地時間12日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝第1戦でモナコと本拠地で対戦した。チームバスが爆発事件に巻き込まれてからわずか1日後に行われた一戦では、香川が1ゴール1アシストの活躍を見せるなどドルトムントイレブンは気迫を見せたが、あえなく2-3で敗れた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 スペイン代表DFマルク・バルトラが右腕を骨折するなど爆破事件の被害者となったことで、チーム全体が精神的ショックを抱えたままキックオフを迎えたが、試合後のトーマス・トゥヘル監督は翌日の試合開催を強行したUEFAに対して怒りを爆発させている。英公共放送「BBC」が報じた。

 テロの可能性が高まっている凶行から約24時間後に開催された一戦について、トゥヘル監督は「我々はUEFAの決定を文書で命令された。スイスによって下された決定は我々を直接的に懸念させるものだった。我々はこれを忘れないだろう。非常に悪い気分だ」と語った。スタンドのサポーターも「午後6時45分にキックオフ? 冗談だろ?」と怒りのメッセージを発している。

「我々はこの状況を言い訳にしたくないが…」

「もちろん、我々は前進しなければいけない。依然として競争力を維持しなければいけない。我々はこの状況を言い訳にしたくない。この状況に対応するために、より多くの時間があれば良かった。だがスイスの誰かが、我々はプレーしなければいけないと決断したんだ」

 CLはUEFAにとって“ドル箱”のイベントだ。莫大な放映権料に加えて、参加する各チームも国内リーグとのスケジュールの兼ね合いも存在する。爆発事件に巻き込まれた選手やチーム、サポーターの精神的ショックを無視して、24時間後の再試合を指令したUEFAに、トゥヘル監督は怒りを隠そうとしなかった。

 一方、UEFAは「我々は今日両チームと連絡を取った。プレーしたくないと示唆するチームはなかった」と反論しているが、爆発事件から24時間後の再試合というUEFAのあまりに配慮を欠いた決定には批判が渦巻いている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/13(木) 9:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新