ここから本文です

ヤクルト、鵜久森の今季2度目のサヨナラ打で連敗脱出!中日は初先発で好投の又吉を援護できず

4/13(木) 21:07配信

ベースボールチャンネル

 13日、東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズの一戦が神宮球場で行われ、ヤクルトが3-2でサヨナラ勝利を収め、連敗を6で止めた。

 6連敗中のヤクルトは、1番に山田、3番にバレンティン、4番に畠山、7番に大引を置くなど打線を大幅に変更。しかし、試合はヤクルト先発ブキャナン、プロ入り初の先発登板となる又吉が共に好投を見せ投手戦の様相を呈した。

 ブキャナンは2回に5番・平田のソロ本塁打と9番・又吉の適時内野安打で2点を失うも、その後は要所を抑え8回を被安打7、8奪三振、4四球、2失点と好投を見せた。

 又吉も2番・山崎の適時打と4番・畠山のソロ本塁打による2失点に抑え、8回を115球、被安打6、3奪三振、3四死球、2失点と、初先発で見事な結果を残した。

 そして、好投を見せた両先発が降板した9回にドラマが待ち受けていた。9回裏、2番手・岩瀬から先頭の5番・雄平が左前打を放つと、6番・中村がしっかりと犠打で送り、一死2塁とチャンスを作る。7番・大引は二ゴロに倒れたが、その間に雄平は3塁に進塁。

 ここで中日は3番手に右腕・佐藤をマウンドに送ったが、代打・鵜久森が三塁手の頭を超える左前打を放ち、チームはサヨナラ勝ち。

 鵜久森は今季二度目のサヨナラ打を記録し、チームの連敗ストップに貢献した。

 中日は、好機で一打が出ず、初先発で好投を見せた又吉を援護できず、接戦を落としてしまった。

ベースボールチャンネル編集部