ここから本文です

涙を浮かべた選手や「生きて家に帰れる」の声も… ドルトムントを襲った爆破事件の恐怖

4/13(木) 13:10配信

Football ZONE web

CLモナコ戦に2-3と敗戦後、選手たちが複雑な胸中を語る

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、現地時間12日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝モナコとの第1戦に臨んだが2-3で敗れた。試合後にメディアから前日にチームバスが爆発物の被害を受けて、DFマルク・バルトラが負傷した件について質問されると、涙を浮かべる選手がいるなど大きなショックを受けている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 香川が1ゴール1アシストをマークしたものの、ドルトムントはモナコ相手に3失点を喫して痛恨の敗戦を喫した。ピッチに立った選手は全力プレーを披露したが、前日の爆破事件によって精神的なダメージを受けていたことは想像に難くない。

 英紙「ザ・サン」によると、試合後にテレビ局のインタビューに応じたMFヌリ・シャヒンが、「このことについて話すこと、そして正しい言葉を見つけることは難しいよ。僕らはテレビで何度もこういったこと(爆破事件)を見てきたけど、自分たちとは遠く、遠くのことだと感じていた」と涙ながらに恐怖を語り、「正直なところ、後半に入るまでサッカーに集中することはできなかった」と集中できなかったことを認めた。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」でも、多くの選手のコメントが紹介されている。DFマティアス・ギンターは「今はこの24時間のうちで最高の気持ちだよ。僕らは生きて家に帰れることができるのが、とにかく嬉しい。誰もが今日、プレーしたいとは思っていなかったと、試合運営担当者に話したことは、みんなが理解してくれるだろう」と試合に臨む心境ではなかったことを吐露した。

「CLが大きな大会だと理解しているけど…」

 長年チームに在籍するDFマルセル・シュメルツァーは、「今日はプレーしなければならない日だと心に決めたが、僕らは強く、別の日程に試合が行われることを要望した。どれだけCLが大きな大会かということは理解しているけど、僕らが人間だということを忘れてはいけない。昨日起こったことは異常なことで、こんな風に扱われてはいけない」と試合開催について疑問を呈している。

 CL8強という大舞台を台無しにされた選手たちの怒りとやるせなさは、今後の戦いにも影を落としてしまいかねない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/13(木) 13:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新