ここから本文です

レアル、黒一色のユニフォームで戦ったのはバイエルンの“験担ぎ“のため?

4/13(木) 20:55配信

フットボールチャンネル

 現地時間12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバイエルン・ミュンヘン戦でレアル・マドリーが黒一色のユニフォームを着用したのは、バイエルン側の“験担ぎ“によるものだという。12日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

C.ロナは133試合で5位 チャンピオンズリーグ歴代出場ランキング 1位は…

 準々決勝屈指の好カードは、アウェイのマドリーがFWクリスティアーノ・ロナウドの2得点により2-1で先勝する結果となった。チームカラーから“白い巨人“と呼ばれるマドリーだが、この試合で着用したのは上下、ソックスとも黒のユニフォームだった。

 アウェイチームがユニフォームの色を変更するのは特におかしなことではないが、バイエルンとの対戦で白以外のユニフォームを着用するのは今回が初めてだったという。バイエルンのユニフォームは赤だが、パンツは白を選択したため、マドリーが白いユニフォームを着ることはできなかった。

 バイエルンは、3年前のマドリーとの対戦での嫌なイメージを変えたかったのではないかとみられている。2013/14シーズンのCL準決勝で両チームが対戦した際には、バイエルンはホームでの2ndレグで上下とも赤のユニフォームを着用し、白いユニフォームのマドリーに0-4で大敗する結果に終わった。

 とはいえ、バイエルンは今季CLの他のホームゲームでも赤いシャツに白いパンツを着用してきた。特にマドリーを意識しての選択ということはないかもしれない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)