ここから本文です

「財布にはいくら?」今どき主婦300人のマネー事情。毎月の食費も教えます

4/13(木) 21:10配信

ESSE-online

 他人のお財布の中身、気になりませんか? ほかの家庭が食費にいくら使っているか興味ありますよね? 知りたいけれど、知人や友達には聞けないお金の事情をESSEが調査してみました。30~49歳の主婦300人にアンケートを実施、本音とお金の使い方を探っています。集計結果を、自分の家計事情と比較してみましょう。はたして、あなたは節約家? それとも浪費家?

⇒外食費は5000~1万円未満が最多

もはや「主婦=節約家」があたりまえ?財布の中の現金は少ないのが基本

●財布にはいくらくらい入れている?

5000~1万円未満が最多。「子どもが突然熱を出して病院に行くときも、5000円ちょっとあれば大丈夫」(大阪府・32歳)、「残り5000円に近づくと、ATMに下ろしに行きます」(宮城県・46歳)など、手元に5000円強あれば安心と感じている人が多いようでした。皆さん、だいぶ節約家の模様。ちなみに、ESSE編集部が節約特集で取材する節約達人がいくらをキープしているかというと、やっぱり5000円くらい。

<コラム 財布の形>長財布を使っている人が7割以上

お金が貯まる、とよく言われている長財布が人気で、7割以上の人が愛用していました。「お札をきれいにキープできるから」(富山県・40歳)、「カードの整理がしやすく、金運が上がると聞いたので」(東京都・33歳)などが支持の理由。一方、折財布派は「荷物をコンパクトにしたい」(長野県・31歳)などでした。

ESSEがこれまで取材してきた達人もやはり、長財布派の人が多い印象。整理が苦手な人には、たしかに適しているかもしれません。ただ、節約が得意のレベルにまで達してしまえば、もはやお財布の形状は「貯まるor貯まらない」には関係なさそうです。

●毎月の食費、外食費は?

毎月の食費は3万~5万円未満、外食費は5000~1万円未満が最多。外食でよく行く場所は、「回転ずし」「ファミレス」「近所のレストラン」「フードコート」の順。生活費で今より減らしたい費目を尋ねたところ、通信費の92人に次いで、86人が外食費、82人が食費全般を挙げ、食費をきりつめたいと考える人が多いという結果に。「冷蔵庫を整理することで食費を節約し、月2万~3万円以内に」(茨城県・40歳)、「食費に月5万円以上かける代わりに外食はしません」(埼玉県・46歳)、「お弁当持参で公園に行き、外食費を節約」(栃木県・38歳)などの声がありました。一般的に食費は、月収の16%内にとどめることが推奨されています。

●スーパーに行く頻度は?

週3回行くという人が90人で最多。「月曜は卵、火曜は魚、金曜は肉、と特売日を狙って行きます」(広島県・37歳)。まとめ買いする人では、「週1回買い出しに行き、冷凍したり常備菜をつくったり」(福島県・40歳)など、週1つくりおき派が目立ちました。

ESSEが見てきた節約達人は、週1派が多数。買い物の回数が増えるほど余計なものを買ってしまうから、というのがその理由です。自宅の立地条件にもよるので一概にはいえませんが、頻度を下げるのは節約にある程度効果があるのかも。

●スーパーで1回にいくら使う?

「毎日買い出しに行っているので、1000円未満」(新潟県・33歳)、「週1回の買い物で1万円ぐらい」(愛知県・41歳)など、1回の金額と買い物の頻度が連動。「週3回のパートの帰りに。毎回2000円まで」(広島県・38歳)と予算をきっちり決めている人も。

節約達人がすすめるのは、できるだけ現金購入すること。クレジットカードを利用すると、やはり不要なもの、たとえばセール品などを大量購入できてしまうから。現金なら、ある分しか買えないので歯止めになります。

●定番のごちそうは?

ごちそうの定番は、自宅、外食ともに1位がすし、2位が焼き肉。「子どもの誕生日は、友達も呼んで家で手巻きずしをします」(栃木県・38歳)、「月末は、がんばったごほうびに焼き肉を食べに行きます」(三重県・44歳)など、イベントや給料日に合わせてごちそうを楽しむ読者が多数。自宅でのごちそうは1回3000~5000円未満の読者が105人と最多でしたが、2000~3000円未満も84人、5000~1万円未満も81人と僅差。外食の場合は、5000~1万円未満が最多の123人、1万円以上と答えた読者が90人でした。

1万円以上の出費は手痛いですが、じつは、たまにいただくごちそうは、節約にも有効。次へつなげるためのモチベーションを上げてくれます。ここの出費を削り過ぎるのは、注意が必要そうです。

いかがでしたか? 意外に皆さん、財布のひもがかたかった!? 今回の結果を参考に自分の家計を見直してみるのもいいかもしれませんね。

<撮影/岡田ミノル イラスト/林 ユミ>

ESSE

最終更新:5/12(金) 23:42
ESSE-online