ここから本文です

低年収を受け入れる20代、家もブランド品も関心がない無欲な消費感覚

週刊SPA! 4/13(木) 9:00配信

働き盛りの30~40代。賃金カーブも右肩上がりの時期に伸び悩み、年収300万円に甘んじてしまう“稼げない病”に罹る人が増えているという。マジメに働いているにもかかわらず、なぜ低年収に陥ってしまう人たち。SPA!ではこれまで、そんな年収300万円しか稼げないアラフォーの苦悩を見てきたが、現在20代の、いわゆる「さとり世代」の若者たちは低年収時代を受け入れ、ストレスなく生きているようだ。

◆“稼げない”を受け入れる「さとり世代」の消費感覚

●Case1 野中大悟さん(仮名・25歳)

 IT企業に勤める野中大悟さんは年収340万円。会社から徒歩15分の場所に家賃5万8000円のアパートを借り、最近までそこで寝袋生活を送っていたと話す。

「満員電車だけは嫌だったので、会社から徒歩圏内で一番安いアパートを借りました。新生活を始める際、ニトリに家具を揃えに行ったのですが、値段を見ているうちにバカらしくなりました。待っていれば、そのうち誰かがくれるだろうし、そこにお金を使うなら、何かおいしいものを食べたほうがいいという結論に至りました」

 結局、近所のドン・キホーテで買った2000円の寝袋一つで新生活をスタート。冬は寝袋の下に段ボールを敷き詰め、寒さを凌いだ。その間、友人や会社の先輩に声をかけ続け、約2年でTV、冷蔵庫、ベッド、洗濯機、テーブルを譲り受けたという。

「お酒が好きなんで、週に2回友達と飲めれば満足です」

●Case2 松澤麻美さん(仮名・27歳)

 一方、旅行会社勤務の松澤麻美さんは年収320万円。野中さん同様、こだわりのない家は家賃5万3000円のシェアハウスだ。

「住む場所は会社から近く、家具が備え付けられていることがポイントですね。服はユニクロか通販でしか買いません。店員に話しかけられたりするのが邪魔くさい。初めてハマった小説はケータイ小説『恋空』で、高校時代から携帯で安く服を買っています。稼げるなら稼ぎたいけど、このままの年収でも生活に問題はありません」

 ブランドものの服などには関心がなく、「最低限のスペック」を保っていればそれでいいという。

 “稼げない”なりの無欲な消費感覚なのかもしれないが、消費社会研究家の三浦展氏はこう分析する。

「現在の40代は、家電や車は一家に一台が当たり前で『子供部屋にもテレビを置こう』『より高価なブランドものに置き換えよう』と物を増やすことに欲望を覚えた世代。一方、現在の20代は子供の頃から山一證券の倒産やリーマン・ショック、阪神・淡路大震災と東日本大震災の2つの大震災を経験してきた。人との競争や物を持つことに価値を感じず、人間同士のコミュニケーションなどから自己肯定感を得る新世代。そのため人よりいいものを持ちたいという自己拡張感を得た世代に比べ、低収入ともうまく付き合えるのです」

 “稼げない”なりの消費感覚を身につけられない40代の苦悩は深い。

【三浦 展氏】

消費社会研究家。最新刊『あなたにいちばん似合う街』では1500人を対象に調査。年収が低い、または親と同居する30代男性の住みたい街No.1は秋葉原だったとか

― [死ぬまで年収300万円]の病巣 ―

日刊SPA!

最終更新:4/13(木) 9:00

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年5月30日号
05月23日発売

¥400

・不幸な結婚or幸福な離婚 どっちが得か?
・[情弱な人]の意外な共通点45
・山口組再分裂と「脱・暴力団」
・旭日旗ってそんなにヤベェのか?