ここから本文です

西武球場のこけら落としの先発だった中日・森繁和監督【1979年4月14日】

4/14(金) 7:00配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は4月14日だ。

 4月12日のヤクルト戦(神宮)でプロ初勝利を飾った中日の新人・三ツ間卓也。試合後、そのウイニングボールをスタンドに投げ入れる“マネ”をして、三ツ間をびびらせたのが、“コワオモ(怖くて、面白い?)”の森繁和新監督だ。延長10回の苦しい戦いで、ようやく今季2勝目。はしゃぎたい気持ちも分かる。

 コーチとして落合博満監督時代の中日黄金期を支えた百戦錬磨の指揮官にも、当然ながら初々しきルーキー時代はあった。

 1979年は、クラウンライターから球団名を変え、本拠地も福岡から埼玉・所沢に移転した西武ライオンズ初年度だ。そして4月14日は新球場・西武球場(場所はいまと同じだが、まだ屋根がない)の記念すべきこけら落とし(日本ハム戦)だった。西武グループの豊富な資金力を背景に50億円を投じ、“超近代型”とも言われた球場だ。

 福田赳夫元首相が始球式を行う、ド派手なセレモニーから始まった試合で、西武の先発マウンドに立ったのが、この年のドラ1新人・森繁和だ。住友金属から4球団の競合となり、西武入りした即戦力ルーキーながら、4月9日の初登板は4回途中5失点で敗戦投手。荷が重いようにも映るが、西武は開幕から5連敗、しかもトータル34失点と投壊状態。ほかに選択肢がなかったとも言える。

 森は結局、5回5失点で降板。試合も1対7で敗れ、西武は本拠地開幕戦を飾れず、6連敗となった。

 ただ、新人森投手は、お世辞ではなく、よく頑張った。自責点はゼロ、失点は7失策の守乱からだった。それでも森は「こんなこともありますよ」と言い訳なし。いまに通じる肝の据わりっぷりを感じる。

 西武はそのまま開幕12連敗(引き分け2をはさむ)で、最終的には最下位。森は203イニング3分の1と投げまくったが、結局5勝16敗7セーブ、防御率4.51に終わっている。

BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)