ここから本文です

カズレーザー、オリラジ中田を尊敬「“毒を塗った刃”で治らないように斬ってくる」

4/14(金) 11:00配信

ザテレビジョン

4月13日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、「芸人ドラフト会議」が2年ぶりに復活。「冠番組の出演者を自分で決められるなら誰を選ぶ?」をテーマに、共演するゲスト7人とアシスタント1名をドラフト形式で指名、その理由を説明していく同番組の人気企画。企画の考案者である有吉弘行がコミッショナー役となり、若林正恭(オードリー)、徳井義実(チュートリアル)、ヒロミ、カズレーザー(メイプル超合金)の4人が“ドラフト”に挑んだ。

【写真を見る】マツコ、“のん似”美少女・永野芽郁の天然キャラに「作ってんだろ?」

若林は「普段レギュラーをやってる人のしがらみというか……、前回バカリズムさんが出た時に全然俺の名前を出さないからショックだった」と、苦い思い出を吐露する一方、カズレーザーは「仲の良い人を書き上げたら、『Qさま!!』になっちゃったから書き直した」など、それぞれ理由に差はあるが人選にはかなり苦労した様子がうかがえた。

注目の1位指名は……

若林→山崎弘也(アンタッチャブル)理由:この10年ずっと面白い

徳井→藤本敏史(FUJIWRA)理由:昔は嫌いだったけど、最近『引く』ことを覚えたから

ヒロミ→日村勇紀(バナナマン)理由:かわいい。芸能界で一番かわいい後輩

カズレーザー→澤部佑(ハライチ)理由:あの世代で一番優秀な芸人

結果を見た有吉は「みんな手堅いね。個性がないな」とピシャリ。

2位と続き、3位を指名する段階で宮迫博之(雨上がり決死隊)が「そろそろアシスタントを指名する人も出てくる?」と言うと、「今、アシスタントって誰が人気あるんだろうね。薄っぺらい、相当なバカもいますからね。なんでこいつこんなに人気あるんだってやつもいますから」と有吉が毒舌をさく裂させた。

ちなみに、若林は高橋真麻をアシスタントとして3位に指名。

「美人過ぎると緊張しちゃうから、真麻さんがちょうどいい」とその理由を語ると、高橋と他の番組で共演中の有吉は、アシスタントとしての高橋の能力を評価しつつも、

「ブスのデカパイはちょうどいい。お父さんの(高橋)英樹さんからも『どんどんオッパイもんでください!!』って言われてます。大らかな一家です」と、どこまで本当か分からないトンデモ発言を繰り出し、宮迫から「言葉選んで」とたしなめられるシーンも。

一方、親友の小沢一敬(スピードワゴン)を2位で指名した徳井。

有吉には「フレンド指名」命名され、「もうちょっと後の指名でも取れたんじゃない」と宮迫にいじられると「最初はそう思ってたんだけど、だんだん(他の人に)取られるんじゃないかと怖くなってきて……」と小沢愛をさく裂させた。

カズレーザーが3位に指名したのが、中田敦彦(オリエンタルラジオ)。

「きれいな奥さんがいて、子供もいて、学歴もあってコメンテーターとして活躍しているのに、いまだにギラギラしているじゃないですか。そんなに世の中に不満てあるのかなって。そう考えると、根にとんでもないものかかえてるんじゃないかと思って。たまに人を斬る時に、毒を塗った刃で傷口が治らないように斬ってくるから、すごく尊敬していてそれを、やってほしいですね」と、独特の理論を展開し、中田にラブコールした。

次回4月20日の放送のテーマは「ひとり暮らし長~い芸人」。田中卓志(アンガールズ)岩尾望(フットボールアワー)、バカリズムらの芸人に混ざって、なんと中居正広も出演!

最終更新:4/14(金) 13:24
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)