ここから本文です

甘くてやわらかい~!春キャベツで主役級おかずのレシピ5選

4/14(金) 11:30配信

東京ウォーカー

■ 旬のキャベツをしっかり食べられるおかずレシピ

やわらかくて甘味が強い春キャベツ。サラダなどにも向いていますが、副菜に使うだけではもったいない! 火の通りも早いので、調理時間も短くてすみます。旬の野菜をしっかり摂って疲れやすい季節を乗り越えましょう。

蒸しキャベツの肉みそがけ



■ チーズがとろーり「とりとキャベツのチーズ蒸し」

<材料2人分>

とりもも肉…1枚(約250g)、下味(塩…小さじ1/4、こしょう…少々、オリーブ油…小さじ1/2)、ピザ用チーズ…70g、キャベツ…4~5枚、にんじん…1/5本、エリンギ…1本、オリーブ油、塩

<作り方>

1.キャベツはざく切り、にんじんは1cm幅の短冊切り、エリンギは長さを半分に切って縦薄切りにする。とり肉は一口大に切って下味をもみ込む。

2.フライパンにオリーブ油小さじ1を熱し、とり肉の皮目を下にして入れる。皮にこんがりと焼き色がつき、縁が白っぽくなるまで約5分焼き、いったん取り出す。

3.キャベツ、にんじん、エリンギを順に広げ入れ、とり肉を戻し入れて皮目を上にする。水大さじ1と1/2を回し入れ、ふたをして2~3分蒸し焼きにする。塩少々をふってさっと混ぜ、チーズをふり、再びふたをして約30秒蒸す。さっくりと混ぜ、器に盛る。好みで粗びき黒こしょうをふっても。

下味をつけたとり肉は、焼き目をつけてから野菜と蒸し焼きに。とってもやわらかく仕上がります。アツアツで召し上がれ!



■ シンプルながら満足感あり「蒸しキャベツの肉みそがけ」

蒸すことでキャベツの甘味がよりひきたちます。しっかり味付けされた肉みそとの相性も抜群で、ご飯が進むこと間違いなし。



■ 肉だんごがふっくらジューシー「肉だんごとキャベツの蒸し煮」

豚の肉だんごと蒸されたキャベツにごま油のコクが加わって、どんどん食べられそう。



■ シューマイの皮にもなる「キャベツのレンジシューマイ」

ツナ缶にちょっと手を加えて、キャベツで包みます。電子レンジできるお手軽な一品。



■ 青じその香りがアクセント「ささ身とキャベツのレンジ蒸し」

電子レンジで加熱するだけ! 淡白なささ身に下味が効いて、長ネギやキャベツの食感といっしょに楽しめますよ。



春キャベツは水分が多いので、傷みやすいことも。レパートリーを増やして、早めにおいしく食べきりしょう。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:4/14(金) 11:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。