ここから本文です

マツコも驚愕!! 競馬の賞金「1レースで1500万円」騎手が裏側語る

4/14(金) 11:55配信

ザテレビジョン

4月13日「アウト×デラックス」に元ジョッキーの細江純子が登場。女性初の騎手が競馬界のおカネに関する裏事情を暴露し、スタジオを驚愕させた。

【写真を見る】池谷直樹「1日で1200万」モンスターボックスで稼いだ金額明かす

細江は女性初のジョッキーとして人気を博し、女性騎手として毎年勝利を収める偉業を達成。現在は競馬評論家として、テレビ出演や執筆活動をしている。

現役時代には、海外レースでの勝利経験を持ち、最高年収は1000万円にまで到達したと話した。

「競馬の世界ってもっとお金をもらっているイメージ」と山里亮太(南海キャンディーズ)が話すと、細江は「億の方もいらっしゃるので、1000万円は低いほうだと思います」と謙遜していた。

山里がいきなり「どういう感じの給料システムだったんでしょうか?」と切り込むと、細江は戸惑いながらも答えていた。

「レースに出ると騎乗料が頂けて、レースに勝つと賞金が…」と話していると、再び山里が「賞金はいくらくらい?」と食い気味に質問。

細江は丁寧に、「1番トップのレースだとJRAでは3億なので、ジョッキーの取り分は5%で1500万円ですね」と説明した。

ちなみにレースの賞金は、80%が馬主、10%が調教師、5%厩務員、5%がジョッキーに配分されるそうだ。MCを務めるマツコ・デラックスと矢部浩之(ナインティナイン)も金額の大きさに驚いた様子だった。

最終更新:4/14(金) 11:55
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)